ガーデンセラピー協会の専門セミナーに参加してきました。


やっと日常生活に戻った店長です。普段は家とサフランの往復が基本の生活なのですが、2月末から3/9まで冠婚葬祭、セミナーや展示会などなど・・・に出掛けておりました。慣れない外食生活と移動で、ちょっと風邪引きです。

さて、3月2日に参加してきましたのはガーデンセラピー協会の第2回専門セミナーのお話です。
ガーデンセラピー協会とは、庭や緑が人の心身に与える影響を科学的医学的に検証し、ガーデンの有効性を多くの人に伝えることを目的として設立された協会です。サフランではご存知の通り「パッシブな庭づくり」をお勧めしていまして、実際緑に囲まれた時に感じる心地良さなどの感覚的な実感は大事なのですが、科学的には?医学的にどうなの?という部分を、専門的に研究していらっしゃる先生方のお話をお聞きしたく参加させて頂いております。第2回セミナーでは、アロマテラピーにおける医学的エビデンス、緑を使った商店街のリノベーション事例、ガーデンデザインにおけるバリアフリーの考え方といった興味深い内容でした。また、モリニワ通信の特集記事としてお伝えさせて頂きます!


日本ガーデンセラピー協会ホームページはこちらへ→