モリニワでご近所のチビッコが走っていました。

炭に火を起こすようになって、

今の時代の、スイッチひとつですぐ火が着く便利さを、

有り難く思う店長です。

 

慣れない事もあり、火を起こすのは、

私にとっては一苦労な事でして、

昔の人は、ご飯を作る時も火を起こすことから始めるのかと、

大変だったんだな~と思うのです。

先日、大河ドラマの真田丸を見ていたところ、

戦で山を荒らされ、薪が取れなくなった一族が、

真田家の山に薪を横取りに入り、

争いになる・・・という場面があって、

薪がなければ、冬だと暖も取れず、

死活問題になり、

人のものでも取ってしまう事情に、

わかるわかる・・・と納得するのであります。

 

さて、タイトルのお話です。

 

先日ご近所のチビッコくんがモリニワで遊んでいたそうです。

それは、とても嬉しいことなのですが、

社長がチビッコくんから聞いた話によると、

モリニワにツリーハウスを作ろうとしてたらしいです。

でも、難しそうだから断念したと。

作れるものなら作ってみろ~~!と、

いつもなら、おもしろがって乱暴な言葉でけしかける店長ですが、

どうも、サフランのデッキ下に置いてある木材を使って作ろうと、

木材を持ち出していたらしいのです。

それは、ちょっと困った・・・。

モリニワが個人の所有物だとは子供にはわからないし、

今後、植えた植栽が抜かれる可能性もある・・・

もしケガをしたり事故があっても責任は取れないな・・・

完成前に早くも、

ルールを決めて表示しなければいけないことになってしまいました。

山道に階段がついていたら、

大人でもどこまで続いてるんだろうとワクワク歩きたくなります。

早く安心して遊んでもらえるモリニワにしないと。