店長の西洋芝お手入れ道具の紹介

昨日は追い蒔き未だなところの続きをしました。そろそろ、気温が下がり気味になってきました。
西洋芝追い蒔き201610

ここは、すでに種蒔き済み箇所です。日増しに土の部分が緑色になってきています。



西洋芝追い蒔き201610

駐車場兼お庭なので、車のタイヤが乗るところは芽が生えにくいです・・・。




先日、OB客様に店長ブログの西洋芝の種の追い蒔き話が参考になっている・・・とメールを頂きました。ので、今日は店長が西洋芝のお手入れに使ってる道具の紹介をさせて頂きます。

芝お手入れ道具リサイズ

現サフランの庭は、西洋芝は草目地だけなので、ごつい芝刈り機はなく、ハンディサイズが多いです。
ローンスパイクは、エアレーションと言って、カチカチになった土に穴をあける道具で、これはホッピングみたいに乗ってブサブサ穴をあけるタイプです。
芝刈りやモリニワの草刈りにも使っている電動バリカン。充電式で連続30分位持つコードレスのものです。(コードを何度も草と一緒に切ってしまい、コードレスにしました。)旧店舗時代は、バリカンの隣のピンクの柄のハサミを使っていて、刃が90°回るので便利だったのですが、使い過ぎて壊れてしまいました・・・。
黒い剪定ハサミで、普段は芝を切ったり、雑草を切ったり、ちょこちょこお手入れに一番使っています。
鎌はホームセンターで150円で買ったものです。が、長持ちしてます。草目地の細い溝程度のところは、草刈りながら土を耕したりします。
左官刷毛は、掃除するのにほうきよりキレイに掃けます。玄関ポーチなんかもさ~と掃けますよ。
熊手は、サッチ取りに。枯葉を集めたり、土をガリガリほぐしたりします。
ちなみに、ほとんどがホームセンターかAmazonで買ったものです。おしゃれなデザインのものはないですね・・・。

この他、基本お手入れに必要な物、水遣りのホースだったり、じょうろ、バケツなどがあります。わからないことがあれば、遠慮なくお聞き下さい。また、「店長、これは優れものです!!」ってグッズなどあれば教えて下さると嬉しいです!
以上、道具選びの参考になれば・・・と思います。

最近、長靴を新調した店長でした。