雑木の庭のこと。

パッシブデザインを取り入れたお庭づくりと空間づくり  ~サフランが雑木の庭にこだわる理由~

パッシブデザインを取り入れたお庭づくりと空間づくり

軽井沢の林の中のような心地良さ、この心地良さが自宅の庭にあったら・・・がサフランが雑木の庭を造りはじめたきっかけの一つです。この雑木の庭の心地良さは、見た目の良さだけではなく、緑の力を借りて、住みよい環境をつくることが出来ます。




パッシブハウス

パッシブハウスとは・・・

ご存知かと思いますが、
特別な機械装置を使わず、建物の構造や素材などの工夫や、敷地の自然環境を活かし、太陽の熱・光や風を使って快適な空間を造る住宅建物の事です。








パッシブデザイン


外構・庭もパッシブデザインを取り入れて


サフランでは、パッシブハウスの完成とは、建物周りがパッシブデザインされ機能しはじめてからが、完成と言えるのではないかと考えます。サフランの考える外周りのパッシブデザインとは、雑木の庭を中心に、適材適所の素材を選び、自然とのふれあいを大切にした過ごしやすい環境づくりです。




雑木の庭をつくるには・・・


パッシブデザインの中心である雑木の庭は、一軒一軒それぞれのおウチの方位、日当たり、気候などの自然環境や周りの建物との関係などなどを見 て、また植える木のそれぞれの特徴を考えながら、健全に生育できるように組み合わせて造ります。そのため、植栽工事は、基本的に樹種や植える本数など、すべておまかせ頂いております。



では、雑木を使ったパッシブデザインが、具体的にどんな役割をするのかご紹介させて頂きます。





建物自体の対策

開口部=「窓」への対策が要です!

一般的な住宅において、冬に暖房が流出する割合と、夏の冷房中に熱が流入する割合を部位毎に相対化した値を見ますと、開口部からの熱の出入りが大きいことが 分かります。開口部とは、窓の事で、建物自体の対策も必要ですが、窓前や庭に植える樹木が熱の出入りを防ぐ役割をしてくれるのです。








068221c416dff2311ae598bc89129d731


落葉樹は優れもの


雑木の庭は、一年中葉っぱを付けている常緑樹ではなく、春には新芽が出て、夏に葉っぱは生い茂り、秋に紅葉し、冬には葉っぱが全部落ちて幹だけの姿になる落葉樹を主に造ります。

落葉樹は、暑い夏には生い茂った葉っぱが太陽の光を遮り木陰を作ってくれ、爽やかな樹形が涼を感じさせ、寒い冬には落葉する事で、暖かい太陽の光を、室内に取り込んでくれます。





日差しの通り方





夏の暑い時期の、コンクリート打ちやアスファルトの道路・駐車場は日差しの照り返しがきつく、むっと地面から湧き上がる熱のダメージが辛いです。それに比べ、緑に囲まれた公園や林の中に入るとすーっと涼しくなる感じ・・・あれは、緑の働きによるものなのです。



その緑の働きとは・・・


① 樹木が根っこから吸い上げた水を葉っぱから蒸発させる蒸 散作用によって、周りの熱を奪う気化熱の放出が起きます。


② 葉っぱが太陽の光を遮り木陰を作ってくれる。


③ ①・②で出来た温度差によって、上昇気流がおき、風が吹きます。













空間の住み分け


自宅の庭に森??


雑木の庭は、山採りの木を使って森林の中の景色を模して造ります。森林の中の木をよ~く見ると、周りの木を避けて日を求めて育った木はひょろひょろで、上へ上へ と葉っぱを出し、幹の下の方には枝や葉っぱがありません。この樹形は実は、敷地の広さが限られてるお宅にでも木を植えることが出来る利点になります。

一般的に植える木の高さが2・3mに対して、サフランでは5・6m以上の高さの木を植えます。普通なら枝葉が邪魔になって植栽スペースが取れない所でも、木 と人や車のスペースが共有する事がないので、植える事が可能になります。また、この高さがないと人がいる高さに木陰をつくることが出来ません。





庇(ひさし)の無いデザインの建物


最後に建物の対策として、最近では窓に庇(ひさし)の無いデザインの建物をよく見ます。サフラン店舗建物にも庇がなく、掃き出し窓部にガーデンルームジーマ(LIXIL)を設置することで、改めてガーデンルームが庇替わりになっていることを実感しています。夏はシェードを引いて木陰を作り、冬は外からの寒い空気をワンクッション置いた感じになり、室内に直接冷気を取り込むことがないので、暖房の効きが良くなったように思います。

 

詳しくは、ご来店頂いてご説明させて頂いております。サフラン店舗にて雑木の心地良さを体験頂くこともできます。

長文にお付合い頂きありがとうございました。