何故下請けが多くなったのか?ハウスメーカーと外構業者の関係②

実は以前は、約10~20年前ごろまでは、

外構工事の下請け施工は、今ほど多くなかったようです。

どちらかというと紹介、つまり

「外構業者はハウスメーカーの営業や監督が紹介」

してもらい、お客様と外構業者が直接打合せして

施工してもらうというパターンが一番多かったのです。

それがなぜ下請けが多くなってきたのか。

それは、ハウスメーカーの売上減少、という事情があります。

 

 以前は、特にバブル期ごろまでは、ハウスメーカーにとって

外構工事は、言葉が悪いですが

「手が掛かって面倒で儲からず、売上も上がらない工事」 だったのです。

住宅さえ建てていれば、十分に売上が確保でき利益も出ていたのですから、

さらに、打合せをして、思った以上に手が掛かり、

下手に手を出すとクレームの原因になる外構工事に

わざわざ自分の方から手を上げて請け負うハウスメーカーはほとんどありませんでした。

 そこで生まれたのが「お客様に外構業者を紹介し、バックマージンを取る」

という手法です。これならば、面倒な打合せや施工責任は業者に一任でき

ある程度の利益を確保できる、というハウスメーカーにとっては非常に都合のいい

システムができたのです。

  

 ところが近年は、新築着工件数の減少により

売上がどんどん下がっており、どんな工事でも請ける、という姿勢に

ハウスメーカーが変わってきました。

一番わかりやすいのが「リフォーム」です。

以前は大手ハウスメーカーで、リフォーム事業に心血を注いでいるところは

皆無だったと言っても過言ではありません。

今では皆さんもご存知の通り、リフォームを事業の一つの柱にする

というのは当り前の話になっています。

 そういった流れの一環として、今までは全く眼中になかった外構工事をも、

売上に取り込もうという動きが出てきて、「紹介ではなく下請け」

という工事が増加しているのです。