平安時代の和の庭

平安時代に入ると、京都の自然環境を生かした庭が作られるようになります。

貴船石や白河御影石など、今では貴重な銘石を使った石庭などです。

そして平安時代後半には、貴族の住宅様式である寝殿造りに合わせて

寝殿造り庭園が生まれました。

湧水、遣水、池の島、立石などと呼ばれる技法が使われた庭園で

この形態と意匠を詳しく記した書物が、有名な「作庭記」です。

代表的な庭には、神泉苑、嵯峨大覚寺などがあります。

 

寝殿造り庭園とは別に、浄土思想を庭園構図の中で表現した

浄土式庭園もこの時代のものです。

京都の平等院、浄瑠璃寺、岩手平泉の毛越寺庭園が

その代表的なものです。