廻遊式庭園とは

池山廻遊式、林泉庭園、築山山水庭、などとも呼ばれる

日本を代表する庭の様式です。

池庭と石庭を渾然一体とさせて、築山、滝、石組、島などをつくり

所々に茶室、露地を設け、それを園路、橋などで連結した

大変広大な庭園のことを指します。

桂離宮、修学院離宮など京都の名園をはじめ

いわゆる大名庭園、金沢兼六園、水戸偕楽園、

岡山後楽園など、江戸時代に作られた庭園のほとんどは

この様式に当てはまります。