鎌倉時代・南北朝の和の庭

鎌倉時代は武家が政権を取り、寝殿造りの豪華な住居に

豪放さを加えながらも簡素な住居へと移り変わりました。

庭も野趣あふれるものへと変化する中、

夢想国師が現れ、飛躍的な発展を遂げます。

周囲の山水を活かしながら、石組みの技術を用いて

庭の中に大自然を描こうとしたその試みは

当時としては大変実験的で、独創的だった様です。

巨石を使った京都南禅寺の滝石組み、

滝や石組み、岩島で構成した天竜寺の庭などが代表作です。