枯山水とは

枯山水は、主に禅宗の寺院などに作られた

平庭という日本庭園の様式のひとつで

全く水を使用しないで、水の流れや湖、大海を表現した

日本独特の庭園様式になります。

 

竜安寺や大徳寺の大仙院、東海庵など

京都にはこの様式の名園が数多く存在します。

中世以降、近代~現代でも

重森三玲氏による松尾大社や教法院など

現代的な解釈の枯山水などが数多く作庭されています。

 

白川砂と景石、杉苔に覆われた築山など

ごくごくシンプルな要素だけで構成された形式は

見るものの想像力をかきたてる、

日本を代表する様式美のひとつです。