室町時代の和の庭

室町時代に入ると、庭は禅宗と山水画の影響を受け

精神性を表すものが多くなりました。

代表的なのが「枯山水」です。

竜安寺、大仙院、大徳院などが代表で、

石組と白川砂とわずかな植栽だけで、

禅の精神性を表した庭です。

そのほかにも、寺院の境内など

中庭風の小庭に、三尊石組などの石庭を

作る試みがなされ、いわゆる「平庭」が発展した時期でした。