露地とは

露地とは、日本庭園の様式の一つで、いわゆる「茶庭」のことです。

「路地」と書く場合もあります。

茶道が確立される前の書院式庭園から、

千利休によって茶庭=露地へと発展、

茶室と一体となった庭のことを指します。

 

もともと露地は、禅宗の寺院の中にあった小庭に対する呼び方で

一般家庭の庭のことは、露地とは呼んでいませんでした。

利休の茶道の後継者と言われる禅僧 南坊宗啓の南坊録に

「露地は草庵寂寞の境をすべたる名なり」と書いてあるそうです。

つまり、俗界、俗世間と一線を画して静寂な境地を表す名前

というような意味になりますでしょうか。

禅宗に影響を受けた茶道の精神を表した名、といえます。