植栽の豆知識

ニューサイランについて
ピンクやオレンジの斑入りや銅葉や黄斑の品種があります。下葉を切る位のお手入れで十分です。
ハイノキについて
ハイノキ(灰の木)は日陰を好む常緑樹で、樹高は2~6m。4~5月に白い花が咲きます。
コルディリネ・インディビザについて
赤紫の細長い葉が特徴的で、緑の多い庭のアクセントになります。
ホプシーについて
コニファーの中でも人気種のホプシー(コロラドトウヒ)はブルーのトウヒ(唐檜)の人気品種です。
杉苔について
杉苔は和の庭に欠かせない存在で、日当たりが良いところを好みますが、乾燥に弱いので水やりが重要です。
ハウチワカエデについて
四季折々の風趣を楽しめる代表的な落葉樹のカエデ。ハウチワカエデは庭木、鉢植えによく使われます。
ヤブコウジについて
グランドカバーや根締めとしてよく用いられるヤブコウジ。丈夫で育てやすく10月頃から赤い実をつけます。斑入り葉の品種もあります。
フッキソウについて
フッキソウ(富貴草)は日陰でも育つ宿根草で、グランドカバーや根締めとして大活躍です。斑入り種もあり、和洋どちらの庭でも合います。
金のなる木について
金のなる木は、観葉植物として好まれる多肉植物です。手が掛からなく、少々水遣りを忘れても枯れる事はありません。
ダイカンドラについて
芝生が植栽できないところのグランドカバーとして用いられるダイカンドラ。
グランドカバーとは庭の地面を植栽で覆う事をいいます。土の部分を隠し見た目をよくしたり、雑草抑制、土壌流失防止などが主な目的
ヒメイワダレソウについて
ヒメイワダレソウはグランドカバーとしてよく利用されます。手間がかからないので芝生のかわりにだったり、人に踏まれても平気なところから駐車場に植…
ブルーベリーについて
ブルーベリーは、観賞用としても果樹としても楽しめるところが店長一押しの植栽です。
温暖化も伴い庭木としても利用されるようになったオリーブ。2~3mくらいに仕立てると管理が容易です。
トキワマンサクについて
トキワマンサクは生垣に用いられる常緑性低木。人気のアカバナトキワマンサクは赤銅色の葉に濃紅色の鮮やかな花が特徴です。
カクレミノについて
カクレミノは常緑で日陰で雨のあまり当たらないような条件の悪い場所でも育つ。特に建物沿いの狭い場所にも向く。
マホニアコンフーサについて
柊南天の細葉で触っても痛くないマホニアコンフーサは万能です。日陰にも西日にも強く、濃い緑の葉はモダン・リゾートや和風にも合います。
ソヨゴについて
景色工房サフランでも用いられるソヨゴ。常緑で艶のある濃緑葉が密生してなくて爽やかな印象の樹木。和洋いずれの建物にも合います。
ハナミズキについて
花木として人気のあるハナミズキ。花は4~5月に咲き白・赤・ピンク色の品種が、葉も斑入り品種のものがある。
カツラについて
落葉樹のカツラは景色工房サフランでは、シンボルツリーとして用います。ハート形の葉、秋の美しい黄葉と四季を通じて楽しめます。
シマトネリコについて
大きくなり過ぎて手に負えなくなって・・・というお問い合わせを頂くのがシマトネリコ。
住宅街に山採り雑木で癒しの小さな森を
樹木は葉の性状から常緑樹・落葉樹・半落葉樹(半常緑樹)に分けられます。サフランの手掛ける庭は、落葉樹を中心とした雑木の庭です。常緑樹は、樹種…