ヒメイワダレソウについて

メイワダレソウは、グランドカバーとしてよく用いられます。

「岩垂れ草」というくらいなので、もともとは岩場や砂地の生息していて、日当たりと水はけの良いところを好みます。

6~9月には白い小さな花を咲かせます。

お手入れは放置状態で構わないくらい手間がかからないのですが、ほふく性で繁殖力がすごいの、枝を整理してあげる必要はあります。

冬の寒い時期は、茶色に変色しますが、春になるとまた新芽が出てきます。

景色工房サフランでは、駐車場の石畳の目地に植えています。

 

苗を植えてしばらくの様子です。徐々に広がってきています。

ヒメイワダレソウについて

5~9月には、白い小さな花が咲きます。


ヒメイワダレソウについて

目地全体に広がりました。


ヒメイワダレソウについて

寒くなってくると、枯れて茶色になります。


ヒメイワダレソウについて
ヒメイワダレソウについて