ウッドデッキの樹種(ウリン/ビリアン)

ウリンは通称「アイアンウッド」とも呼ばれる、現在使用されているウッドデッキ材の中では

耐久性・耐虫性・強度・形状安定性・質感とも最高峰と言われている木材です。

インドネシア産をウリン、マレーシア産をビリアンと呼んでいますが

同じ樹種です。インドネシア産出材が違法伐採等の影響で、

輸出量が減少したため、日本国内に入荷される材のほとんどは

マレーシア産になっています(2011年2月現在)。

 

耐久性に優れ、シロアリなどの虫害にも強く、水中使用も問題なし、

ノーメンテナスで20~30年は持つ、など

いい事づくめの材ですが、欠点もあります。

「加工がしにくい」ということと「樹液(アク)が発生する」ということです。

 

非常に重く、硬い木のため、材料の取り扱い自体が大変で

長い材を移動するだけでも、杉や桧の労力の倍は掛かります。

また、ビスの加工は、下穴をあけなければまず無理で、

下穴をあけるドリルのビット(刃)でさえ、折れてしまうほどです。

 

樹液(アク)は、高耐久の要因ともなっているポリフェノール成分が

流れ落ちる現象で、結構色が付きます。

中性洗剤で落ちる、とよく言われますが、完全に落とすには

かなりの労力が必要で、完全に落とすのは無理と考えた方がいいかもしれません。

 

それでも、この材は魅力的です。

近年は他の人気ハードウッド材の金額に比べ、お買い得感があります。

ウッドデッキをお考えの場合は、検討に値する木材かと思います。