根府川石と御影石の古材と栗の枕木で自然素材アプローチ 神奈川県相模原市Y様邸

ひのきフェンスと自然素材の駐車場=地産地消ガーデン

神奈川県産の根府川石、そして御影石の古材、国産の栗の木の枕木で構成したアプローチは神奈川県相模原市Y様邸。目地の間にやがて草が生え、より自然な感じになっていくかと思います。こちらも時が作り出す景色ですね…。
根府川石と御影石の古材と栗の枕木で自然素材アプローチ

根府川石は、神奈川県算出の銘石で、江戸城はこの石を積み上げたものです。敷石にした場合、形が不揃いのため落ち着くまでに多少時間がかかりますが、そ れもまた一興、と考えて頂ければ…。風合いのある御影石古材も貴重で、時間でしか表現できない味があります。栗材の枕木は、国産材では唯一と言っていいほ ど、腐食に強く、防腐剤未使用で土に埋め込み可能な木材です。昔は国鉄の枕木としてよく使われていたそうですが、今は木材としての流通量が少なく、こちら も貴重です。
根府川石と御影石の古材と栗の枕木で自然素材アプローチ

玄関前の目隠しに植えたソヨゴです。緑を眺めながらの行き来は心地いいです。下草も、シダやユキノシタ、フッキソウ、ヤブコウジ、フウチソウ・・・景色に馴染むものを選びました。
根府川石と御影石の古材と栗の枕木で自然素材アプローチ

玄関ポーチから駐車スペースまでを根府川石敷きにしました。お庭のアクセントにもなり、楽しく歩きやすいです。
根府川石と御影石の古材と栗の枕木で自然素材アプローチ

途中から、ソイペーバーで飛び石に、遊び心をプラスしました。植栽が入ると、また雰囲気が変わりますね。
根府川石と御影石の古材と栗の枕木で自然素材アプローチ

この施工例のトータルエクステリアはこちらから→