シンプルナチュラルな囲い過ぎないウッドフェンス 神奈川県伊勢原市S様邸

シンプルナチュラルな囲い過ぎないウッドフェンス

新築後の土のままだったお庭のご相談にみえたS様。お隣のコンクリート擁壁の圧迫感を解消したい。入口部分も圧迫感がないように囲いたい・・・というご希望でした。イメージとしては、弊社展示場の庭の雰囲気を気に入って頂いていたことと、可愛くなり過ぎないナチュラルな雰囲気ということで、ご希望をカタチにしました。
 
前後にずらしてウッドフェンスを設置。この形であれば、扉もなく、開放感もありながら、囲われ感も得られ、お庭で心置きなく過ごせます。
シンプルナチュラルな囲い過ぎないウッドフェンス

後ろ側のフェンス前に出来たスペースも植栽スペースに。
シンプルナチュラルな囲い過ぎないウッドフェンス

入口側の横桟ウッドフェンスは、一番上は開けて、さらに開放感をプラス、笠木付きです。
シンプルナチュラルな囲い過ぎないウッドフェンス

ウッドフェンスの高さはH1200。コンクリート擁壁側は、コンクリート部分をカバーしたいので、入口側とは形を変えて、全面横桟のみ。
シンプルナチュラルな囲い過ぎないウッドフェンス

ウッドフェンス材は、カリマンタンジャラ。時間が経つにつれ、アクが落ち、シルバーグレー色に変色していきます。
シンプルナチュラルな囲い過ぎないウッドフェンス

アクが落ちてきた様子です。
シンプルナチュラルな囲い過ぎないウッドフェンス

お隣の擁壁は、ウッドフェンスの手前に植えた雑木の木々に視線が集中するので、さらに圧迫感を感じることがなくなりました。
 
雑木の詳細はこちらへ→