地産地消で、県内産ヒノキを使ったウッドフェンス 神奈川県相模原市Y様邸

地産地消で、県内産ヒノキを使ったウッドフェンス

地元神奈川県内産のヒノキを使用したウッドフェンスです。桧には「ウッドロングエコ」という木材保護剤を塗布しています。北欧・カナダなどで60年以上の実績があり、当地では一度塗りで30数年以上、美しい姿で健在の木製看板などもあるそうです。日本では2000年からの販売のため、まだ15年弱の実績ですが、少しづつ使用例も増えてきています。Y様邸では、ウィズハウスプランニングさんが施工したウッドデッキにも、このウッドロングエコを使用しています。ちなみに景色工房サフランのウッドデッキも、檜+ウッドロングエコで施工しております。
地産地消で、県内産ヒノキを使ったウッドフェンス

横桟のウッドフェンスH1200です。
地産地消で、県内産ヒノキを使ったウッドフェンス

既存の植木や緑いっぱいの周りの景色を損なうことなく、うまく溶け込んでいるのではないでしょうか。
ひのきフェンスと自然素材の駐車場=地産地消ガーデン

写真ではわかりにくいのですが、玄関前をさりげなく、年中葉っぱを茂らせているの常緑のソヨゴで目隠ししました。
地産地消で、県内産ヒノキを使ったウッドフェンス

施工前です。前の持ち主の時からのフェンスです。
地産地消で、県内産ヒノキを使ったウッドフェンス

施工後です。
ひのきフェンスと自然素材の駐車場=地産地消ガーデン

この施工例のトータルエクステリアはこちらから→