使われてなかったお庭を雑木の庭にリフォームすると・・・ 神奈川県相模原市E様邸

使われてなかったお庭を雑木の庭にリフォームすると・・・

2016年10月 LIXIL相模原ショールームにて弊社が開催しました「雑木の庭セミナー」にご参加頂いたEご夫妻様。セミナー後にご自宅のお庭についてのご相談を受けました。築20年位経つご自宅のお庭。最初のご希望は、目隠しになる木がほしい。色々お庭に手を入れてこられたそうですが、継続して維持することが出来なくて、今はあまりお庭を使っていないとおっしゃていました。そこで雑木の庭をご提案。既存樹木の、ヤマボウシ・南天を剪定して、新たに植える木の雰囲気に馴染ませ、雑木の庭の特性で、おもわずお庭に出たくなるお庭リフォームをしてみました。



使われてなかったお庭を雑木の庭にリフォームすると・・・

道路から丸見えだったデッキに、デザイナーズパーツフェンス(LIXIL)を設置し、視線を気にすることなく過ごせるように。



使われてなかったお庭を雑木の庭にリフォームすると・・・

さりげない目隠し効果を常緑樹のソヨゴで。高木のコナラ・ソロでデッキ上に木陰をつくるよう植え、心地良いテラス空間に。




使われてなかったお庭を雑木の庭にリフォームすると・・・

室内から眺める景色も、緑が気持ちの良い眺めに。「デッキはあまり使ってないです」とおっしゃっていた施主樣ですが、お気に入りの場所になったのでは・・・。



使われてなかったお庭を雑木の庭にリフォームすると・・・

「これ、ウチのヤマボウシですか??」と剪定後の既存ヤマボウシにびっくりされてました。新たに植えたイロハモミジ、アズキナシなどと違和感なく溶け込んだ雑木の庭になりました。雑草も楽しむ位のゆるゆるお手入れで、自然風をうまく味方にして、楽しく過ごしてほしいです。






使われてなかったお庭を雑木の庭にリフォームすると・・・

玄関脇に、以前エゴノキを植えられていて、気にいっていたのですが、枯れてしまったそうです。再度エゴノキを植えました。春から初夏にかけて白い可愛らしい花を咲かせるエゴノキ。隣りにアオダモを植え、グランドカバーにヒメイワダレソウを。






使われてなかったお庭を雑木の庭にリフォームすると・・・

施工前の様子は・・・

ビフォーアフターはこちらへ→