ウッドフェンスと組み合わせて目隠ししたい箇所には常緑樹を 神奈川県相模原市I様邸

ウッドフェンスと組み合わせて目隠ししたい箇所には常緑樹を

天然木(ハードウッド)のフェンス、自然石(みかも石)のロックガーデン風土留め、そして植栽という組み合わせのガーデンです。施主様は、「なるべく自然素材のもので、外回りをつくりたい」という思いをお持ちでした。コンクリートは極力使わずに、車庫、アプローチもご提案したところ、気に入っていただきました。




ウッドフェンスと組み合わせて目隠ししたい箇所には常緑樹を

ウッドフェンスはウリン材を使用。ハードウッドの中でももっとも固く重い、耐久性の高い樹種です。アク(樹液)が出て、色落ちしますが、
オイルステン(防腐剤入り塗料)などを塗らなくても20~30年は持つと言われています。



ウッドフェンスと組み合わせて目隠ししたい箇所には常緑樹を

ロックガーデン風土留めに使用したみかも石は国産で、茶褐色をベースに、黒いアクセントが入ったワイルドな印象の石です。和の庭にもよく使われますが、こういったナチュラルガーデンにも良くあいます。植栽が生える色合いの石です。



ウッドフェンスと組み合わせて目隠ししたい箇所には常緑樹を

目隠しを兼ねた樹種の1つ、シマトネリコ。常緑で葉が小さく、枝葉がそれほど込み合わないためとても爽やかな印象です。成長が早く、枝葉が広がるため、広い敷地に植える事をお勧めします。



ウッドフェンスと組み合わせて目隠ししたい箇所には常緑樹を

こちらはソヨゴ。雌樹と雄樹があり、秋に赤い実をつける雌樹を植えつけました。縁起のいい木です。常緑樹ですが、こちらもそれほど枝葉が込み合いません。



ロックガーデンと天然木フェンス

車庫の一部は、自然石乱形の石敷きに草目地を施しました。一般には、目地は目地材やモルタルと呼ばれる、セメント系の目地にしてしまう所ですが、ナチュラルな感じをより強めるために草目地にしました。ヒメイワダレソウという草で、コレぐらいの間隔で植えても2~3ヶ月で結構広がります。



ウッドフェンスと組み合わせて目隠ししたい箇所には常緑樹を

庭にも一面にヒメイワダレソウを植え込みました。いっぱいになるのは秋頃でしょうか・・・。
 
ヒメイワダレソウについてはこちらから→




お客様の声
ウッドフェンスと組み合わせて目隠ししたい箇所には常緑樹を

自分達の庭作りのイメージと重なった為。(3~4社他も検討しました)。社長のプランニングセンスの良さ、プランニング提案の素早さ、何より社長含めスタッフの方々の人柄が1番の決め手でした。


工事中にたばこを吸いながら作業は良くないと思います。それができていればパーフェクトだと思います!!


この度は色々ありがとうございました。大満足です!!素晴らしい外構工事ができたと思います。また、機会があったらお願いするので、その時は宜しくお願いします。会社の発展を祈っています!!身体には気をつけて下さい。

I家より



Iご家族様、その節はありがとうございました。また、貴重なご意見ありがとうございます。真摯に受け止め改善させて頂きます。いつもご家族で過ごす時間を楽しんでいらっしゃる皆様の、大切なお家づくりに参加させて頂いたこと、本当にうれしく思います。これからも、末永いおつきあいよろしくお願い致します。


景色工房サフラン