自然素材を使ってお庭兼駐車スペースを~その後の様子 神奈川県川崎市S様邸

自然素材を使ってお庭兼駐車スペースを~その後の様子

シンプルでありながら印象的な、美濃クラフトのCHABA(チャバ)のシティブルー。限られたスペースを考慮された神奈川県川崎市S様邸のウエルカムゲートです。



自然素材を使ってお庭兼駐車スペースを~その後の様子

ヤブランをはじめとしたグランドカバーがボリュームを増し、ポストのフィールの白が爽やかに際立ちます。



自然素材を使ってお庭兼駐車スペースを~その後の様子

石畳風のコンクリート駐車場。草目地のヒメイワダレソウも広がって、さらにナチュラルな雰囲気になりました。




自然素材を使ってお庭兼駐車スペースを~その後の様子

神奈川県産の小松石に御影石で造った、お庭兼来客時の臨時駐車スペース。






自然素材を使ってお庭兼駐車スペースを~その後の様子

さりがなく目隠しをするために植えたハイノキ。








自然素材を使ってお庭兼駐車スペースを~その後の様子

リビングからフラットな高さに仕上げて繋げた、イタウバ材を使ったウッドフェンスH2100と、ウッドデッキ。アクが落ちてきて、色が変わってきています。







自然素材を使ってお庭兼駐車スペースを~その後の様子

お子様と収穫する楽しみもあるブルーベリーはじめ、お手入れのあまり手の掛からないグランドカバーたちも元気に育っています。







自然素材を使ってお庭兼駐車スペースを~その後の様子

施工当時の様子はこちらへ→