和のファサードを、木と石で… 神奈川県秦野市O様邸

和のファサードを、木と石で…

門扉は玄関ドアと合わせた色使い、床には黒の自然石を敷いて、落ち着いた雰囲気に、神奈川県秦野市O様邸。
和のファサードを、木と石で…

門正面から見た様子です。脇のウッド調フェンスは、目隠しの度合いによって、張り方を変えてあります。
和のファサードを、木と石で…

ウッド調の縦格子、フェンス、ポストと、植栽スペースに添えられた自然石で、和の雰囲気にまとめました。縦格子が、左官仕上げの門柱のアクセントとなり、全体を和の雰囲気に導いています。表札は備前焼です。
和のファサードを、木と石で…

門柱前、ウッド調格子の下のスペースには、マホニアコンフーサ等の植栽と自然石を置きました。ちょっとした坪庭のような感じで、和の雰囲気がぐっと高まりました。
和のファサードを、木と石で…

敷石は、300×600がメインで、3列毎に小さめのサイズをアクセントラインとして入れます。比較的距離の長いアプローチですので、同じ素材で統一しながら、単調にならないようにするための工夫です。
 
この施工例のトータルエクステリアはこちらから→