TOP
  • ホーム
  • モリニワ通信
  • 夏のウッドデッキの表面温度は60℃超えます!!
  • 夏のウッドデッキの表面温度は60℃超えます!!

    ClipboardImage

    梅雨が明けて、いよいよ夏本番!サフラン店舗の色々な場所の温度を測ってみました。これは放射温度計です。レーザーポイントで、赤い点で当てた部分を瞬時に測定します。

    測定当日は、2018年6月30日 正午ちょい前 気温は31℃ 晴天なり。




    ClipboardImage

    まずはサフラン店舗の室内から測定してみました。



    ClipboardImage

    打ち合わせスペースの、自然石敷き床 土間の温度は、28.4℃。




    ClipboardImage

    事務所の床、杉板張りの温度は、30.3℃。木は蓄熱するので、土間より温度が高いです。




    ClipboardImage

    天井の温度は、33.3℃。太陽の熱を直に受けた屋根から伝わる温度は高くなります。



    ClipboardImage

    次は、外に出てみましょう。

    方角としては北東向きの、掃き出し窓からフラットに繋がるタイルテラスとその先のハードウッド材のウッドデッキ。その奥はご存知、モリニワです。






    ClipboardImage

    タイルテラスの日が当たってる部分の温度は、42.6℃。 
    ※水撒きした後に測定しました。




    ClipboardImage

    日がサンサンと当たるウッドデッキの温度は、66.6℃です。裸足で出ては危険な温度です。天然素材は一見涼しいイメージがありますが、木は蓄熱するのでかなりの温度上昇です。




    ClipboardImage

    日なたのウッドデッキの温度はかなり熱くなってますが、コナラとソロで出来た木陰の部分の温度と、葉っぱの温度も測定してみました。





    ClipboardImage

    木陰のウッドデッキの温度は、31.9℃。日なたの温度66.6℃から木陰が出来ることで、35℃近く温度が下がっています。




    ClipboardImage

    コナラの葉っぱの温度は、27.6℃。葉っぱの蒸散作用で涼しく感じます。




    ClipboardImage

    では、これも陰をつくってくれる優れもの。ガーデンルームのシェードの温度を測ってみます。


    ClipboardImage
    シェードの温度は、45.6℃。ちなみに、シェードの上は透明ポリカーボネートです。




    ClipboardImage
    シェードで日陰になっているタイルテラス床の温度は、31.9℃。ウッドデッキの木陰の部分と温度が変わりありません。




    ClipboardImage

    コナラの木陰があるウッドデッキも、シェード日除けで出来る日陰の床の温度も同じでした。しかし、ウッドデッキの木陰の方が涼しく感じます。それは、それぞれ上部の温度差によるのではないでしょうか。緑の力おそるべしです!ちなみに、このL字のベンチは、コナラが成長してちょうどデッキ上に陰を落とすようになってから、風が心地良くサフランで一番涼しい場所になりました。お昼寝するには最高ですよ!




    ClipboardImage
    もうちょっと温度測定してみます・・・

    株立ちのモミジの根元の下草置き場の温度を測ります。




    ClipboardImage

    ちょうど水撒きをしたところで、土の部分の温度を測りました。24.0℃です。本日の測定で一番低い温度です。




    ClipboardImage

    モリニワの温度は、27.9℃です。モリニワの中は別世界のように涼しいです。ただ・・・蚊がすごいです。




    ClipboardImage

    最後に、サフラン店舗前のアスファルト道路の表面温度を測ってみました。




    ClipboardImage

    55.6℃でした。ウッドデッキより温度が低いです。






    今回の測定で、感覚的なものを数値で表すことのより、改めて緑のある環境がもたらす見た目だけの心地良さだけではない恩恵を実感しました。夏を快適に過ごすヒントにしていただけるとうれしいです。次回測定を冬に実施します!!寒い冬を乗り切るには!!です。



  • ホーム
  • モリニワ通信
  • 夏のウッドデッキの表面温度は60℃超えます!!
  •