TOP
  • ホーム
  • 施工事例
  • リフォーム工事
  • 雑木林のような中でハンモックでのんびり癒される庭 施工前〜完工3ヶ月後 
  • 雑木林のような中でハンモックでのんびり癒される庭 施工前〜完工3ヶ月後 

    この記事についているタグ:雑木の庭目隠し・間仕切り
    ClipboardImage

    ご新築で玄関周りの外構工事は完了されて、リビング前のお庭が手付かずなままの神奈川県中郡Y様邸。目指すは、避暑地の雑木林の中でハンモックに揺られてのんびりするお庭。

    家全体の和モダンな雰囲気に合う雑木の庭。グランドカバーは地苔。雑木が充実してくると木陰も大きくなり、苔も生えやすく。歩く箇所には、フォレストオールドクレイジーで自然石乱形敷きに。



    ClipboardImage

    施工前
    梅の木を残して、土のままだったお庭。



    ClipboardImage

    施工後
    新緑が気持ちの良い4月。新たに植えた木と馴染むよう剪定された梅の木。ソロ、エゴノキ、イロハモミジ、ヤマコウバシを組み合わせて雑木の庭に。



    ClipboardImage

    施工前
    玄関から丸見えのお庭では、ちょっと落ち着かない・・・



    ClipboardImage

    施工後
    玄関側とお庭との間仕切りにイタウバ材のウッドフェンスを設置。




    ClipboardImage

    3ヶ月後の様子。
    ウッドフェンスのハードウッド特有のアクが落ちて色が変わってきています。落ち切ったシルバーグレー色の方が、家全体の雰囲気に合ってると思います。下枝のない樹形の木は、人と木のスペースの住み分けが出来るため、ハンモックするにもお互い邪魔することなく、緑を上に眺めながらゆらゆらすることが出来ます。




    ClipboardImage

    施工前
    既存のシマトネリコが1本。



    ClipboardImage

    施工後
    木陰が出来るように高木のコナラ。マルチングに、流木チップを。



    ClipboardImage

    3ヶ月後。
    自宅に居ながら避暑地に行ったような気分になれるお庭になってきました。ハードウッドで枠を造った家庭菜園スペース。場所を移動するにも、撤去するにもハードウッドだと簡単に出来ます。






    ClipboardImage

    施工前
    道路側から見た様子です。立派な梅の木が印象的なお庭。




    ClipboardImage

    雑木の木々に囲まれ、かなり印象が変わりました。




    ClipboardImage

    3ヶ月後。
    季節は8月の夏。落葉樹を中心に植えるパッシブデザインを取り入れた庭は、緑の恩恵を受け、見た目の爽やかさと、暑い夏を過ごしやすくする環境づくりが出来ます。


    パッシブデザインを取り入れた庭とは・・・こちらへ→