TOP
  • ホーム
  • お庭の豆知識
  • 外構
  • 決算が理由の工期 ハウスメーカー外構の問題点
  • 決算が理由の工期 ハウスメーカー外構の問題点


    ハウスメーカー外構工事が、工期を確保できない理由の一つに「決算」があります。ハウスメーカー、特に大手ハウスメーカーは上場企業が多く、年に4回、決算報告が義務付けられています。たとえば1月末が本決算のハウスメーカーの場合、1月、4月、7月、10月 が4半期の決算月となります。この年4回の決算時期と、引渡し日が近い場合は要注意です。外構工事だけでなく、他の工事も無理なスケジュールになっている場合があります。

    たとえば、こういうことになります。本来、契約時に外構工事を含めると、どうみても2月末までかかる、という現場があったとします。しかし、あと1棟、1月に売上計上できれば目標達成できて棟数も昨年実績を上回り、競合他社より見栄えのよい数字ができる、というときに、色々見回して「よし、この現場、なんとか1月であげよう」ということになるのです。そして契約時から、「1月末で大丈夫です」と施主様には説明してたとえば工事看板にもそれなりのスケージュールを掲げたりします。
    ハウスメーカーによっては「水道設備工事 12月10日〜12月16日 外構工事 12月17日〜1月31日」という風に細かくスケジュールを掲載しているところもあります。ところが実際には、上記のようなスケジュールで工事できるはずがなく水道設備工事が1月15日ぐらいまでかかり、外構工事は、水道設備業者他の業者さんが入っている中(たとえば内部のクロス屋さんとか、大工さんなど)無理やり1月10日から入り、現場にはゴミや、色々な業者の材料がおいてある中材料を動かしながら、遅々としたスピードで他の業者さんとケンカになりそうになりながらいろんな応援(知り合いの知り合いの職人など)を頼んで、通常の倍ぐらいの人員をかけて何とか、2月の頭ぐらいまでで終わらせて、「少し遅れてしまいました。天候不順とか合ったもので・・・」という1月末に計上しても、施主様に文句を言われない程度の工期で、つじつまを合わせるのです。