TOP
  • ホーム
  • 施工事例
  • リフォーム工事
  • 既存の門周りを活かしてシャビーシックなナチュラルテイストにリフォームしました。 神奈川県秦野市T様邸
  • 既存の門周りを活かしてシャビーシックなナチュラルテイストにリフォームしました。 神奈川県秦野市T様邸

    この記事についているタグ:ビフォーアフター
    ClipboardImage

    AFTER

    ご自宅を新しく建て替えに、外構と庭工事のご依頼を承りました。
    既存の門周り、既存の植木を活かして、ご希望であるシャビーシックなナチュラルテイストにリフォームプランをご提案、施工させていただきました。



    ClipboardImage

    BEFORE

    既存の化粧ブロックの門袖を左官仕上げ門袖に、アプローチ階段のタイルも撤去し、石畳のような風合いに、クラシカル・タンブル フォレストとブランカを混ぜて、自然石方形石敷きにしました。




    ClipboardImage

    BEFORE

    落葉広葉樹を中心にした雑木の庭に造り変えるため、既存の樹木も整理しました。写真奥に見える大きく育ったソテツも残念ですが撤去させていただきました。花壇に植えられていた低木も、多年草や宿根草に植え替えさせていただきました。




    ClipboardImage

    AFTER

    ポストは、天然木の手造りパネルのD−ポスト シャビーシック 埋込 アンティークブラウン色(オンリーワンクラブ)です。ハンギングフックやハンギングシェルフをつけて、お好きな鉢を置いたり、ガーデン雑貨で飾りつけしたり楽しめるように。施主様素敵に飾りつけされていますね。





    ClipboardImage

    新築にともない既存の門周りを撤去して新たに造ることもできますが、使い勝手が悪かったり、破損していたりと構造上問題がないようでしたら、意匠を変えるだけで、違う雰囲気の門周りになります。