TOP
  • ホーム
  • お庭の豆知識
  • 樹木剪定
  • 剪定してないかのような姿に 自然風剪定とは
  • 剪定してないかのような姿に 自然風剪定とは


    樹木の剪定には、様々な方法、種類があります。一般的には、「刈り込み」や「小透かし」、「三ツ葉のこし」などが多用されます。

    たとえばモッコクの小透かしや生垣の刈り込み、公共工事の街路樹剪定などがそうです。「自然風剪定」とは、そういった剪定と違って、「剪定をしていないような」姿を保ったまま、樹木の生育をコントロールする手法になります。 京都の料亭などに行くと(私は行ったことはありませんが、私の師匠の話です)、いつも同じ高さで、同じようなモミジの枝が感じよく伸びていたりします。これは、まさしく「自然風剪定」によって、樹形をコントロールしているのです。

    自然風剪定は、基本的にはどんな樹種にも応用できますが、最も向いているのは、いわゆる「雑木」です。マツやマキなどは、やはり「仕立物」といわれる通り、人為的に作る形の良さというものがあります。それに対して雑木は、里山の自然環境で育まれた風になびく枝先の柔らかさ、風の通り抜ける適度な空間、木陰を作る多すぎず少なすぎない葉の量などがその美しさの源です。自然風剪定は、雑木が雑木らしく、最も美しい姿で居られるようにする剪定技術なのです。





    ClipboardImage

    BEFORE 2013年9月 剪定前

    雑木の庭にリフォーム工事の際、ブツ切りされたのち、伸び放題でボサボサになり、手に負えなくなった既存のヤマボウシを剪定。





    ClipboardImage

    AFTER 2013年9月 剪定後

    現況、ブツ切りされた箇所は幹の太さが、太い所から極端に細い幹が出ていて、まだ不自然な樹形ですが、年月を掛けて序々に自然な樹形にしていきます。