イチゴを種から育てて2年後・・・実がなったよ。

最近、日が暮れるのが早くなってきましたね。
秋の虫も泣きはじめています。

今日は、この時期にイチゴ?のお話です。
以前、立ち寄ったコンビニに、
野菜や花の種がいろんな種類100円で売ってまして、
おもしろがって、アスパラとイチゴの種を購入。
育てはじめました。
100604_1110081
買った時の状態は、戻す前の高野豆腐のような黒い塊で、
お水に浸しておくと、どんどん膨らみ、
その中に種が入ってて、そのうち芽が出てきました。
100629_1145451
その後は、どんどん芽が大きくなってきて、
土に植え替えなきゃいけないんだけど、
明日延ばしをしていたら、どんどん大きくなって、
とりあえず、先にプランターに植え替えていたアスパラの横に、
突っ込んでおきました。
そして、そのまま時が経ち…
ずっと、アスパラと一緒に育ち、
101121_095510
2年後、実が成りました。
花が咲いて喜んでいたら、気づくと白い実になって、
またしばらくして見てみると、赤く熟していました。
でも、ここまでブログを読まれてわかるように、
ずぼらな放置栽培です。
お水だけあげていました。
110828_093112
肥料なんてあげたこともないので、
ブルーベリーより、ちょっとだけ大きく丸い実です。
しかし、食べると意外と甘かったんです。
初収穫は2つぶでした。
ところで、
イチゴって実が成るまでに2年もかかるんでしょうか?

店長でした。