建物外観デザインが引き立つシンプルな門周り 神奈川県相模原市外構工事

前後の分けて配置した左官仕上げ門袖

新築外構工事が完工しました神奈川県相模原市F様邸。シンプルデザインな門袖を前後に分けた門周り。建物外観デザインを邪魔することなく調和した、スタイリッシュな門周りが完成しました。






木陰を落とす雑木

アプローチや門袖に木陰を落とす高木は、イロハモミジ、ソロ(アカシデ)下枝のない樹形の木は、木と人の空間の住み分けができ、限られた敷地でも緑を植えることを諦める必要がありません。





シックなアプローチ

2つの門袖の間のアプローチ。床に敷いた自然石方形石 ミストラルシルバー。ダーク色で統一して、落ち着いた趣に。



ガラスプレートをはめ込んだ門袖

道路側の門袖は、黒色の左官仕上げにG.プレートクリア 205 L1500をアクセントに。ネームプレートはライン  Mサイズ ヘアラインを(オンリーワンクラブ)



白い左官仕上げ門柱

建物側門袖は、白い左官仕上げに、口金ポスト コラーナ05 ブラウン(ユニソン)を設置。裏には水栓を埋め込んで、ピンコロ石の水受けが施工しました。







格好良い門周り

全体の様子です。シンプルだからこその良さ、飽きがこなくて、ちょっと目を引く格好良い存在に。