理想のお庭を目指してリフォーム・・・その後の様子 神奈川県愛甲郡K様邸

理想のお庭を目指してリフォーム・・・その後の様子

昔ながらの木々が植えられていたお庭から、築25年経って、アーリーアメリカンな建物に合うお庭に思い切ってリフォームされたK様邸。その後の様子をご紹介させて頂きます。
 
緑のボリュームも順調に増え、お庭のお手入れを楽しまれてされている奥様の様子が伺えるお庭です。




理想のお庭を目指してリフォーム・・・その後の様子

アプローチに敷き詰めた古窯レンガ。草目地のヒメイワダレソウもきれいに広がりました。



理想のお庭を目指してリフォーム・・・その後の様子

古窯レンガの先に続く枕木、グランドカバーのヒメイワダレソウが裏の山の景色がつながり、ナチュラルな雰囲気いっぱいのお庭に。奥に見える、元は玄関前にどんと鎮座していらっしゃった主のイヌツゲ、門柱の後ろに移植しても存在感は健在です。




理想のお庭を目指してリフォーム・・・その後の様子

伐採した大きな栗の木を使って作った花壇と周りに敷いた枕木。




理想のお庭を目指してリフォーム・・・その後の様子

2期工事のご依頼を受け、デッキ上にココマ(LIXIL)でテラス屋根を設置しました。白いデッキフェンスやサッシの色に合わせたホワイトココマ。



理想のお庭を目指してリフォーム・・・その後の様子

デッキからの眺めです。周りの緑が心地よく、すぐにでもガーデンカフェがオープン出来そうな雰囲気です。



理想のお庭を目指してリフォーム・・・その後の様子

植えたコナラやアオハダ、ジューンベリーなどの雑木、イヌツゲのインパクトが強くて最初は頼りなげに思われていた奥様、おウチの中から見える木々の爽やかな眺めや木陰を気に入って下さったようです。
 
施工当時の様子はこちらへ→