TOP
  • ホーム
  • スタッフブログ
  • <   2020-09   >
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    工事モリニワ旅行勉強会おしらせいろいろ色々店舗

    今日、お店の入口前に引いてある枕木や石の間に、ダイカンドラの種を蒔きました。10〜20日位で芽が出てくるらしく、ただ今はまだ暑いので早く発芽する事を期待して、お店のOpenまでにちょこっとでも顔出してくれないかな…と。




    ClipboardImage

    ダイカンドラ自体は、見たことがなく楽しみにしてるのですが、ハートの形の葉っぱでらしいです。入口辺は四ッ目垣作ったりで和寄りの雰囲気になると聞いてるんだけど、ハートは合うのかな。大きくな〜れ。大きくな〜れ。

    店長





    ClipboardImage

    お店の玄関前に種を蒔いたダイカンドラが芽を出しました。蒔いて5日目の発芽です。社長に「本当に芽が出るの?」とこのまま土剥き出しのままでお店のOpenになっちゃうとかっこ悪いので、何か別なもの植えた方がいいんじゃないの?という提案をされ、「もうちょっと待って!10日位で芽出るらしいから」と。このやりとりが聞こえたのか、昨日芽を出してくれました。お店のOpenまでにどこまで大きくなってくれるのか…

    がんばれ!!!ダイカンドラ。







    昨日9月18日(土)、いよいよ展示場に植栽=中高木を植え始めました。ヤマモミジとネジキ、そしてガマズミです。懇意にさせていただいている植木生産者、藤野さんの広大な畑の中から、見つけて選んできた木たちです。




    ClipboardImage

    ちょっと、高原のお店風になってきました?ヤマモミジの姿の良いものがなかなかなくて・・・。




    ClipboardImage


    でも、あったんですねー。ハウチワカエデやノムラモミジの中に1本、パッと目に入ってきまして「あ、これだ」と思いました。
    これも出会いでしょうか。




    ClipboardImage

    この木はネジキ。美しい雑木たちに囲まれていよいよ景色工房サフランが始動します。





    盆と正月の仲間のワレモコウが三年目にして、初めて花が咲きました。


    ClipboardImage

    一年目はうどん粉病になり、丸坊主に。二年目は買った時と違う葉っぱが出てきて、雑草だと思って放置。三年目にして、ワレモコウらしき葉っぱが出てきて、ついに開花です。しかし、写真ではわからないと思うんですが、90cm位のっぽになって、びっくりしてます。






    本日、展示場の植栽のグランドカバーに西洋芝の種を蒔きました。西洋芝は初挑戦で、本を見ながらの作業です。土壌改良をして、種を蒔き、種の保護のための不織布をかぶせるのですが、不織布がない場合、新聞紙でも代用OKとの事で、新聞紙を覆いました。その上から水をまいて完了なんですが…本当は昨日、ここまでの作業をしてみたところ、新聞紙がドロドロに破れてひどい事に。で、やっぱり不織布を買いに行き、本日リベンジ作業しました。


    ClipboardImage

    所々くりぬいての作業はちょっと大変でした。



    ClipboardImage

    一週間程はこの状態で、乾かさないように水撒き。ちゃんと芽出るといいなぁ…店長でした。





    展示場の庭のグランドカバーに蒔いた西洋芝の種が、ようやく芽を出しました。元気な芽は不織布を突き破って出てきてて、剥がす時に脱毛みたいに抜けちゃいました。



    ClipboardImage

    このタイミングで剥がさないで、もうちょっと後だったら、全部抜けてたかも。



    ClipboardImage

    写真ではわかりずらいですが、うっすら地面が緑色になってきてませんか?






    やっとお店のOpen からブログをやる余裕がちょっと出てきました、新米店長です。




    ClipboardImage

    お店の玄関前にひいてある枕木と石の目地に植えたダイカンドラの芽が、双葉から増えて、やっとハート型の葉っぱが出てきました。日向と半日陰の所と、腐葉土入れてと入れないのと育ちがどう違うか実験しながら様子みてますが、いまの所、半日陰で腐葉土が入ってるとこらが、育ちが早いです。そんなの当り前だよ〜とおっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、恥ずかしながら、なんでも実体験してみたい年頃なので、よろしくおつきあいくださいませ。






    ClipboardImage

    ダイカンドラのちょっと先では、涼しくなってきて新芽が出てきたスギゴケとヒメイワダレソウが勢力争いを繰り広げています。
    私は負けそうだから、スギゴケを応援しています。勝敗の結果はまたお知らせします。





    店先に賑やかしで並べておいた「盆と正月」を見たお客さんが、これはいくら?とお尋ねに。「これは可愛すぎて売れないんです。すみません」と私。「これはなんの植物?こんな鉢植え欲しいわぁ。作って。」とイトススキの鉢を指差してお客さん。というやりとりが続いて、これでは申し訳ないと、やっと「盆と正月」販売部を作り始めました。




    ClipboardImage

    これから紅葉がきれいなハゼ。クロガネモチのミニ盆栽。あと万両と何かわからない実生クンもあります。





    ClipboardImage

    玄関先やお庭にポンと置くだけに絵になるイトススキ、紅チガヤ・・・などなどグラス系の鉢植え。






    西洋芝は、日増しに緑が濃くなって…



    ClipboardImage


    しかし、イメージしている図よりかなりまだらであります。で、追い蒔きをしたところ、先日の雨風!!!禿げてるところに種がいなくなってます。



    ClipboardImage

    さらに追い蒔きしてみたいですが・・・


    ClipboardImage

    これから寒くなっていく一方、芽が出るのでしょうか?



    ClipboardImage

    そろそろ芝刈り?





    展示場にも秋がやってきました。



    ClipboardImage






    ClipboardImage

    ネジキの紅葉も葉っぱが真っ赤になり、感じいいです。
    秋は旅行シーズンというけれど、有難い事に仕事に追われる私達は、どこにも行けない状況に「どこか行きたい病」にかかっております。しかし、いろんなところに行っていつも思う事は、ここが家だったらいつも心地よくていいのにね。なので、今は、目の前に庭がある中で仕事ができる環境に感謝して、展示場の紅葉を愛でながらがんばります。
    お待たせしているお客様、誠に申し訳ございません。順番に対応させて頂いておりますので、今しばらくお待ちくださいませ。そして、私達のように旅に出れない方、景色工房の景色を見ながら、まったりしてみませんか?お待ちしております。






    展示場の手入れをしていると、ウォーキングしている人が沢山通り、たまに声を掛けられます。




    ClipboardImage

    ある日、八菅山まで行くんだ〜というおばさん。お花を沢山育てているらしく、展示場に植えてある緑の話で盛り上がり、次の日にまたおみえになり、アルストロメリアの苗をくれました。おばさん曰く、すごく増えるらしく、おばさんの家はお花畑になってるそうです。せっかく頂いたので増える事をふまえて、鉢植えにしました。すると、すぐ芽が出てて、どんどん出てきて、すごい勢いで、さらに、花言葉が「エキゾチック」らしく、杉本彩的イメージにびびっています。しかし、葉っぱの形がお花みたいで、今のところ可愛いです。







    ClipboardImage

    ヤマモミジです。真っ赤ですね。



    ClipboardImage

    Gフレーム越しのヤマモミジです。





    ClipboardImage

    ハウチワカエデです。ウッドデッキを四角く切って植わっているのですが、見てても、その環境がいいのか悪いのかわからなくて、葉っぱは虫食われ放題で、でも枯れるでもなく、しおれるでもなく不思議ちゃんです。





    ≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || 次のページへ≫
    昇順表示 | 降順表示
  • ホーム
  • スタッフブログ
  •