TOP
  • ホーム
  • スタッフブログ
  • <   2019-10   >
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    工事旅行モリニワ勉強会おしらせ色々

    昨日、クワガタを発見しました。5月にはもう出てくるのですねぇ。モリニワのヤマアジサイのつぼみもみるみる色づいてきています。



    ClipboardImage



    さて、昨日日曜日は全国的に暑い日だったようです。そこで店長、久々放射温度計測定をしてみました。2019年5月26日、サフランの気温は30℃前後。時間は13:40の測定です。



    ClipboardImage

    まずは、室内の自然石土間は、23.3℃。ちなみに、昨日一日エアコン付けずに窓全開の自然風さらさらそよぐ〜〜で過ごしました。






    ClipboardImage

    半屋外空間のガーデンルームZIMAのタイル床の温度は、24.1℃。屋根はポリカーボネートにシェードをしております。






    ClipboardImage

    ウッドデッキの日が当たる箇所は、54.1℃。




    ClipboardImage

    ウッドデッキのシェードの下は、31.5℃。




    ClipboardImage

    ウッドデッキの木陰の下は、30.6℃。




    ClipboardImage

    木陰の下の濡れた石が、この日一番温度が低い、22.6℃。




    ClipboardImage

    では、日が当たっている石はどうかな??と測定すると、35.3℃。



    ClipboardImage

    道路のアスファルトはどうかな??55.0℃。今日一温度が高いです。




    ClipboardImage

    軒下(屋根はポリカーボネート材)の洗い出しコンクリートは、26.3℃。



    ClipboardImage

    最後は、モリニワの林の中の温度、25.8℃。

    という結果でした。陽射しの当たる場所、素材によって温度は変わりますね。
    いかがでしたか?冷房が苦手で、自然のチカラで夏を乗り切ろうと、日々実験の店長でした。









    来週末になりましたサフラン主催の景色工房塾セミナー。昨日、一部地域に新聞折込チラシも配布されまして、参加予約のご連絡を徐々にいただいております。弊社社長が積み重ねた経験と日頃収集しています情報とを、わかりやすくまとめてお話させていただきます。緑のチカラを借りて、今の生活がより豊かに快適になることをお伝えできればと思います。OB客様も、ご自身のお庭の魅力を再発見できるかと思います。ご参加お待ちしております(^O^)/ご予約は、お問い合せフォームより「セミナー参加希望」と記入ください。

    さて、モリニワも花盛りを迎えております。店長の趣味で気づくと地味な白い花ばっかりになってますが・・・紹介させていただきます。




    ClipboardImage

    たしか、挿し木で付いたのではなかったかな??シモツケです。花が咲き始めました。つぼみがまるまるでかわいいです。





    ClipboardImage

    コナラの根元に植わっているのですが、一緒に植えられているヤマアジサイも今年はかなりのボリューム出てきています。



    ClipboardImage

    最近、このバランスが良いですね〜と評判が良い店長リベンジコーナー。植え始めた当初からみると、かなり理想の形には近づいてはきております。これくらいになると、雑草取りも楽になります。ですが、種が飛んで色んなところに芽がでてきてやりたい放題になっております。




    ClipboardImage

    しょぼくなって返ってきちゃったジューンベリー。ひこばえ(根元から新たな芽が出てくる)が沢山出てきています。それが大きくなって、今年は実が沢山付きました。




    ClipboardImage

    これは「ぶどう」です!!枯れたとがっかりしていたのですが、新芽が出てきて、ぐんぐん大きくなってきています。



    ClipboardImage

    シュウメイギク。どんどん株が大きくなってきているのがわかります。となりのツワブキもでかくなってきてます。




    ClipboardImage

    店長が好きなコバノズイナ。穂状の花が付きます。あまり大きくならないんですね・・・。







    ClipboardImage

    シジミバナは、ユキヤナギと同じ春先に白い花を咲かせるのですが、先日つぼみがあるのを発見。なぜ今頃に花???とよく見ると、エゴノキの花でした。どうも、でかい葉っぱが生えてくるのでおかしいな〜、突然変異か??と思っていたのですが、エゴノキの株が付いてきてたようです。花が咲いてはじめて気づいたのであります。



    ClipboardImage

    下に向いて咲く白い花がエゴノキの花です。大きく育ててシジミバナと上下に棲み分けできるようにしようと思います。








    気持ちいい〜〜っと、サフランに来てまず写真を撮った店長です。2019年4月、厚木市上依知に引っ越してきて5回目の春です。この時期なら、軽井沢みたいって言ってもいいように思うのですが・・・。
    OB客様のお庭はどんな感じになってますか?完工1年生のお宅はちょっとまださびしい感じかな〜と思いますが、完成形は3年後なので、一緒に成長を楽しみましょう。と、お庭の様子を順次拝見に寄らせていただきます。



    ClipboardImage

    今年の草目地は、ピーピー豆ことカラスノエンドウが、陣取っております。いい感じに雑草草目地になってきてますよ。



    ClipboardImage

    ウッドデッキに出来る木陰の範囲がさらに広がってきているように思います。夏が楽しみです。



    ClipboardImage

    建物を避けて枝を上に上にのばしていますコナラ。



    ClipboardImage

    冬の間にお打ち合わせにご来店されて、幹姿しかご覧になってないお客様に、この新緑のモリニワの景色を生で見てほしいと思う店長であります。


    ClipboardImage

    新しいホームページはいかがですか?OB客様より、「写真がきれいですね〜」とうれしいお言葉をいただきました。社長が特に気に入ってるのがトップページのフラッシュでアップされる5枚の画像。プラスGの門周りの写真はプロの方が撮影されたもので、このサフランの山小屋の屋根の写真はOB客様のH様に撮っていただいたものを使わせていただきました。太陽がさしてかっこいい写真で気に入ってます。

    さて、モリニワの紹介もしましょう!!






    ClipboardImage

    サフランにあるソロ(アカシデ)です。この穂状に沢山ぶら下がっているのは雄花です。枝の先に葉目と一緒に出てきてるのが雌花です。自家受粉を防ぐために、雄花が咲いて花粉を飛ばしてから、雌花が咲くそうです。他の遺伝子を混ざることで丈夫でいる仕組みになっているそうです。





    ClipboardImage

    シジミバナです。ユキヤナギによく似ていますが、八重咲きの白い花が咲きます。店長の机横の窓から丁度見えるシジミババナ。毎日、少しずつ咲いていくのを楽しみに眺めています。



    ClipboardImage

    タンチョウソウの花も咲きはじめました。真ん中のでかい葉っぱは蕗の葉です。似てますが、葉っぱの先がギザギザになっています。写真を撮ろうとしたら、ちょうどハチが蜜を吸いにやってきました。

    外仕事も加わってきて、気ぜわしい店長でした。








    ClipboardImage

    さて、モリニワに今年はじめてお目にかかりました野鳥「ジョウビタキ」。先日、庭仲間とデッキでBBQをした時にあらわれました。それから度々見ることが出来てたのですが、最近はお目にかかりません。また、来ないかと毎日探しています。




    [2018/09/28]モリニワの秋。


    どんぐりコロコロ通り越して、ゴロゴロ沢山転がっているモリニワデッキ。年々どんぐりの量が増えています。

    モリニワの秋を写真撮ってみました。




    ClipboardImage

    シュウメイギクは漢字で「秋明菊」と書きますが、菊ではなくアネモネの仲間です。今年は花を沢山咲かせています。






    ClipboardImage

    コムラサキの実が紫色になってきています。





    ClipboardImage

    チカラシバの穂が出てます。




    本日、朝から涙目で「私、前から言ってるよね〜〜!!!」と叫んでいる店長です。何に熱くなっているのかというと、紺屋の白袴とか医者の不養生とでも言うのでしょうか・・・。



    ClipboardImage

    昨日の夕方、社長とサフランのウッドデッキに、8月も終わりかけて今頃感ありありですが、シェードをかけました。

    以前より、モリニワは涼しいのに、サフラン店舗内は暑い!涼しいのを活かしきれていない!と悩みがありまして、色々原因はあるのですが、そのひとつに、モリニワの冷却機能により涼しい風が下から上がってきても、ウッドデッキの表面温度50〜60℃の高温なため風は上昇し、店舗内まで冷気が入ってこない、入っても熱風である。その対策として、ウッドデッキ上に日陰をつくって、温度を下げたいと。モリニワの木が成長してデッキを覆ってくれれば一番良いのですが、木は頑張ってくれていますが今年はそこまで成長は見込めなさそう・・・。で、とりあえず、社長にシェードを掛けよう!!とずー−−−っと言ってた店長。業務優先でそこまで手が回らないのと、シェードが緑ほどの力は発揮しないと見くびっていたことで、延ばし延ばしになり昨日になった次第であります。

    そして、今日サフランに来てびっくり!!社長、30℃は有に超えている中で、なんとエアコンを付けないで仕事してました。デッキから涼しい風が入ってくるんだよ〜、店長の言う通りだった早くシェード付ければよかったねと言う社長。そして、掃き出し窓の網戸越しに、そよそよと風が・・・これが、私の涙目の訴えになった理由であります。ざっくり感性で生きてる店長の言ってることは聞いてもらえないことが度々あります。それでも、今回は本で読んだ内容を踏まえて訴えてたのですが。

    いつも、異常に暑い店舗にお打ち合わせにご来店されるお客様に申し訳なくて、昨日もH様、T様両ご家族様、失礼いたしましたm(_ _)m

    それでも、暑さ対策が完璧ではないので、暑いのが苦手な方は涼しい服装で、Tシャツ・短パン・水着大歓迎です。





    昨日は、今のうち涼しいうちに草刈りをしようと張り切った店長です。

    夏休み明け、サフランに来てみると、駐車場の草目地が雑草でもりもりになってました。やっぱり踏まないと伸び放題ですくすく伸びてきます。物置小屋のある駐車場は、草むら状態に・・・。今年の雑草はメヒシバ・オヒシバ、コメヒバが多いです。子供の頃、傘を作って遊んだ草で、傘の骨みたいな形の穂が出る草です。
    前にも書きましたが、毎年主になる雑草の種類が変わります。雑草は、根っこから抜くよりも刈る方が生えてこなくなるそうです。抜くより刈る方が体力的にも楽です。

    モリニワのホトトギス、シュウメイギクの秋の花のツボミが膨らんできてます。秋、来てますね。




    三連休真っ只中の日曜日。雨も上がり、今日は暑い一日です。さすがにサフランも室内は冷房を入れております。

    モリニワの木の伐採がかなり進んで、お隣さんに飛び出ていた木も剪定し、ご迷惑が掛からないようになり、そして、下に通る道路が見えるようになりました。木が生い茂っていると防音効果がある事を発見しまして、木を抜いてスカスカになると、車が通る音が大きくなったように感じます。

    デッキ工事は、基礎を造るため、重機を入れて地面を掘り起こしております。元々は川底だった崖は、石がゴロゴロ出てきて、伐採した木の巨大根っこも出てきてます。日がガンガン当たり、作業している親方は大変そうです。その親方、カブトムシを捕まえてくれました。オスが3匹。メスが1匹。


    ClipboardImage

    そのウチの1匹です。かなり立派なカブトムシでびっくりしました。手に乗せて見ていたら、うんちされました。台風前に、トンボの大群も飛んでいましたよ。こんな小さくても、生物多様性の森ですね。早くモリニワが完成して、ご近所さんやご来店されたチビッコ達に、虫採りして遊んでもらえたらいいなぁと思うのであります。

    明日は現場仕事の店長でした。




    ≪前のページへ || 1 || 次のページへ≫
    昇順表示 | 降順表示
  • ホーム
  • スタッフブログ
  •