TOP
  • ホーム
  • スタッフブログ
  • <   2019-10   >
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    工事旅行モリニワ勉強会おしらせ色々

    いつも緑のはなしばかりしているので、今日は外構工事の門周りのおはなしです。

    昨日、外構・ガーデンリフォームにお打ち合わせにご来店されたお客様がお帰りになり、ちょうどパソコンの画面にアップされていた施工事例。「なんでもないようだけど、この門柱凝ってるんだよな・・・」と社長。はて??どこが凝っているのか聞いてみました。





    ClipboardImage

    それが、この施工事例です。この門周りは、対になっている角門袖、白と茶色の2色に塗り分けた左官仕上げに鋳物門扉。
    サフランでも過去に施工した門袖の中で、シンメトリーなものは、大型だったり、またトラディショナルな雰囲気で高級感のあるもの、レンガ積みで施工したり・・・とコストが掛かってしまいます。そこで、もっと安く出来ないかな・・・と考えたのがこの施工だったそうです。
    社長の説明によると、対の門袖はブロックを1列積んでコストダウン、側面にアプローチ階段と同じ自然石乱形石で装飾。スリットのアクセントをつけて、建物外観デザインに合わせてシンプルなデザインに左官仕上げしています。ブロック1列門袖は、控え壁のような役割をし補強の効果も。アプローチ階段は、R形状で自然石乱貼り。植栽スペースを造って株立ちのアオダモ・ソロを植えています。敷地に高低差があって大変だったんだよな・・・と。

    ちなみに、この施工事例はLIXILのエクステリアコンテスト2013の門まわり・車庫まわる部門で入選賞をいただいております。こちらへ→






    ClipboardImage

    過去に施工したシンメトリーな門周りをご紹介します。詳細はこちらへ→


    この施工事例はテレビ取材も受けました。YouTube→



    ClipboardImage

    RC施工の円形門柱は、大理石のモザイク張りです。詳細はこちらへ→



    ClipboardImage

    シンメトリーではないのですが、レンガ積みの角門柱です。詳細はこちらへ→



    「サフランの懐かし施工事例の掘り起こし!!」・・・になってしまいましたが、門周りデザインの参考になればと思います。今回のブログにより、シンプルなデザインは年数が経っても飽きがこなくて、古さを感じることがないなと改めて感じました。






    9月に入りました。夜には虫の声もするモリニワ。過ごしやすい日も増え、仕事もはかどるはずですが、パソコンがサクサク動かず、いらいらしている店長です。

    さて、BESSのドーム型ハウス A様邸の新築外構工事が完工しました。ドーム型ハウスの実物を拝見するのは初めてな店長。「本当に丸い!」とびっくり!外構はどんな感じに仕上がるのかな〜と楽しみにしていました。そして、先日社長が工事完了に伺った後、A様より嬉しい感想とともに、ライティグの写真をメールで送っていただきました。




    ClipboardImage

    仕上がりに感動していただいたとのことで嬉しくなり、A様承諾の上写真をご紹介させていただきます。車通りが少なくない道路に面したA様邸。車で走るといきなり目に飛び込むドームハウス。工事中、減速して見ている風な車も何台かいたそうです。木が植わると、また一段と雰囲気が良くなりますね。





    ClipboardImage

    枕木敷きのアプローチ。イタウバ材のウッドフェンス。雑木の木々が出迎えます。疲れて帰ってきても、照らされた明かりでホッとしますね。



    ClipboardImage

    イメージパースです。実際はバックに山が見え、緑に囲まれた羨ましい環境です。建物の中は、暑い日でも自然の風が通り涼しいそうです。想像してみてください・・・。




    ClipboardImage

    門周りのイメージパースです。



    ClipboardImage

    植栽工事中の様子です。コナラ、ソロ、イロハモミジなどなど高木が入りました。グランドカバーは、施主様ご自身で。お庭づくりもご家族での楽しみのひとつとなります。


    これから成長する木々と一緒に、過ごす楽しい時間を想像するとワクワクしますね。今度は一眼レフカメラをもって、写真を撮らせていただきに伺いたいと思います。Aご家族様、ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。皆さま、施工実例アップをお楽しみにしててください。





    こんにちは。代表の井田育宏です。今日は、ガーデンリフォームのご依頼を承りました愛川町のK様邸のお話です。



    ClipboardImage

    25年前、このアーリーアメリカン風の住宅はご夫婦の夢と共に、自然豊かなこの地に建てられました。完成して間もないある日、ご自宅へ帰られると玄関前に、枝振りの見事なイヌツゲが、威風堂々とまるでずっとそこにいたかのように、植わっていました。「えーーーっ!!」とびっくり。そのイヌツゲは、御義父様からのプレゼントでした。この家の雰囲気にあった木を植えようとご夫婦で考えていた矢先のことでした。でも、息子夫婦のことを思ってのプレゼント。無下にはできません。自分の心に、言い聞かせるようにこの木と共に25年、暮されてきました。そして、御義父様も、定年後、一緒にお庭を楽しもうとされていたご主人も先に、天国へ旅立たれました。

    奥様から、お庭のリフォームのご相談を受けたときはじめは、樹齢はもう50年以上であろうイヌツゲを見て「守り神の様なものだから、この木はこのままで」と、お話ししました。しかし、工事が進むにつれ「何か違う」と感じ始めました。そして、工事も終盤のある日私から奥様に、イヌツゲの移植をご提案しました。はじめは少し驚かれた様子でしたが快く、移植することをご了解いただきました。



    ClipboardImage

    先日、イヌツゲの移植が終わり、新しい樹木を植え込み始めました。





    ClipboardImage

    門柱の後ろへ引越しした御父様のイヌツゲに見守られながら、ご主人と描いた夢に、少しでも近づくことができれば…。




    おはようございます。代表の井田育宏です。イタウバ材のウッドデッキ、ウッドフェンスと樹木の植込みをさせていただきました。



    ClipboardImage

    高尺フェンスとウッドデッキ。イタウバ材は香りもよく、耐久性はイペ材、ウリン材と同等と言われています。色は、1年ぐらいでシルバーグレイに変わりますがそれもまた一興。植栽はジューンベリーとイロハモミジです。ジューンベリーは、花、実、紅葉が楽しめるお勧めの樹木。イロハモミジは、言わずと知れた「モミジの中のモミジ」。条件にもよりますが、美しい紅葉が期待できます。



    ClipboardImage

    こちらは、ハイノキ。常緑樹の中で、もっとも「落葉っぽい」爽やかな樹種です。ただ、半日陰から日陰の方が適していて植えさせていただいたところが私の予想より日当たりがいい様でちょっと心配です・・・。S様、気に入って頂いたようでホッとしております。ハイノキ含め、ちょっと様子を見させて頂きます。お待たせして、申し訳ありませんでした…。




    こんにちは。代表の井田育宏です。プラン作成、お見積作成の傍ら、東京で坪庭を作らせていただいております。



    ClipboardImage

    灯篭や石の仮置き。家の中から見たところです。灯篭は、施主様が前のご自宅から持ってこられたものです。正客の位置から、見え方を確認しました。



    ClipboardImage

    南側から。苔と自然石の市松模様です。



    ClipboardImage

    夜はこんな感じ。灯篭にも灯りを入れました。家の中からの確認はまだで、コケ、砂利類が足りなかったので、またあらためて、お伺いします。

    プランや着工、工事の中空きなどいろいろお待たせしている皆様、申し訳ございません…。今しばらくお待ちいただきたく、お願い申し上げます。以上、代表でした。




    こんばんは。代表の井田育宏です。今、東京で雑木と苔と石畳のお庭を施工中です。



    ClipboardImage


    ClipboardImage


    ClipboardImage


    ClipboardImage


    ClipboardImage


    ClipboardImage

    あともう少しかかります・・・。プランや植栽工事、アフター工事など、お待たせしているお客様、大変申し訳ございません…。もう少しだけ、お時間を頂ければ幸いです。

    代表、井田育宏の近況報告でした…。




    こんにちは! 代表の井田です。

    お庭のリフォーム工事で、今、バーベキュー炉を作成中です。



    ClipboardImage

    サークルタイプの、レンガ製バーベキュー炉兼テーブルです。その他、ベンチ、石張りテラスなど施工致します。完成まであと少しです。職人ともども、仕上がりにこだわっていきたいと思います。

    ところで…お恥ずかしい話なのですが、本日より1か月間、運転免許停止となってしまいました…。昨日、今日と二俣川で講習を受けて60日が30日になりましたが、よりによって年末の忙しいときに・・・。自業自得です・・・。トホホ・・・。しかし、なってしまったものはもう仕方ないので、電車、バス、徒歩、運転手(?)を駆使して皆様にご迷惑をお掛けしないよう、対応させていただく予定です。




    おはようございます! 代表です。昨日は、ふたたび海老名の施主様宅へ植え込みの続きと、表札の取り付けに。


    詳細は施工例のページに公開いたしましたので、下のリンクからどうぞ…。

    横格子とウッディポストで和モダンなエクステリア 神奈川県海老名市F様邸

    限られたスペースに、いろいろな要素を盛り込みながら、コスト、デザイン、機能を考慮してプランニングいたしました。喜んでいただけているようで、ホッとしております。

    本当は、厚木のH様、W様のお宅にもお伺いしたかったのですが…。昨日ご来店のお客様の時間もあり、伺えませんでした。今日、明日中にはお伺いしたいと思っています。雨、ふってるなぁ…。




    昨日は、W様邸へ杉苔を貼りに行ってきました。玄関前アプローチの脇にある築山に貼るのですが、杉苔は、マットになってて、据えてある石や植えてある下草を除けながら、継ぎ接ぎしながら、パズルを組み合せるように貼ります。



    ClipboardImage

    苔を貼ると、和の雰囲気が一段上がりますね。




    ClipboardImage

    お庭に蒔いた西洋芝の種も芽を出していました。 今年の11月とは思えない気温に、発芽するか心配したのですが、一安心です。かぶせてあった不織布を剥がして、うっすら〜とですが、緑の芽がお目見えです。




    ClipboardImage

    この後、追い蒔きをして、まだらな部分を補い、フサフサになるのを待ちます。頼むよ!!西洋芝!

    店長でした。





    そろそろ美容院に行かないと…と思い、いつも行ってるところとは違う美容院に行ってみたくて、ネット検索をはじめました。美容院苦手だから、気さくなスタッフのいるところがいいな…いまどき過ぎても気後れしちゃうし、若い子向けで髪盛られても困るし…襟足のくせ毛が悩みでカットが上手なところがよくて…と探してるうちに、エクステリア施工業者を探してるお客様も、希望に合った業者はないかな…とこんな感じで探しているのかもと、改めて実感しました。

    髪型は気に入らなくても、何ヶ月か我慢すれば髪がまた伸びて、変えることはできるけど、エクステリア・外構・お庭の工事は気に入らないからといって、時間やお金のこと等もろもろ考えると簡単に変える事はできません。人によっては一生、その気にいらないエクステリアやお庭を毎日眺めて暮らさなきゃいけないかもしれない。となると、施工業者選びも美容院探し以上に慎重にもなるのは当り前。

    だとしたら、サフランはどういう会社なのか、どういう思いで仕事をさせて頂いているのか、もっと今以上にお伝えするのが、お客様のためではないかと思いました。ので、サフランのいいところを少しずつですが、お伝えしていこうと思います。もちろん残念なところもお伝えします。よかったらお付き合いください。

    4ヶ月美容院に行ってない店長でした。





    サフランのいいところ探し△任后

    今回はいいところで「とことん打ち合わせします」です。私が社長と一緒に仕事をするようになって、丸6年。見てきた中で、最初からとことん打ち合わせしてきたかと言えば、全く違います。0からのスタートだったので、手際が分からず、アンケートにダメ出しされた事もしばしば。そんなこんなで、いろんな経験を重ねてお客様のためには必要な事と気づいてはじめたことです。

    一生のうちで、何度もあるわけではないエクステリア工事。毎日眺めてて、気持ちのいいもの、納得いくものを提供できればという
    思いからです。これまでご依頼頂いたお客様の中には、理想の図が描けてて、それをカタチにするのに一緒に悩み、ご相談しながら造りあげていったものが沢山あります。そういったプランを通して私達も勉強させて頂いてます。

    夢のプランをお持ちの方、全くノープランで必要に迫られて外構工事をお考えの方も、こんなサフランです。一度ご相談ください。





    ガーデンデザインを行うにあたって、心がけていることがあります。それは、「私の意見を押し付けない」ことです。
    弊社の場合、プランが修正10案になることも多く経営効率を追求する経営者や、他の優れたデザイナーの方からは「2〜3案で決まらないということは、はじめのヒアリングが悪い」「プランがお客様のウォンツと合っていない」などと指摘されそうです・・・。確かに、そんな面もあるのかもしれません。
    プランニングしていて、プロの目から見て「本当はこうした方がデザイン的にまとまる」「機能と両立できるのはこちら」というようなご提案はしますが、最終的には施主様が判断されることです。「全部お任せ」の場合以外は、提案はしても、それ以上は致しません。ただ、ここから「粘り」が始まります。どうしても「こうした方がいいんだけどなー」と思った場合は施主様の言われたように修正したプランとは別にさらに「いいんだけどなー」を盛り込みつつ、施主様の要望に近いと思われるプランをお出しして、見比べていただきます。そんなこんなを何度か繰り返すうちに、10案ぐらいになってしまうんですね・・・。

    これがいいかどうかはわかりません。プランニングに時間が掛かってしまうのも事実です。ただ、「施主様の人生の1ページに関わる」仕事であることは間違いないことです。そのことを忘れずに、ガーデンデザインにあたっていきたいと考えております。





    ≪前のページへ || 1 | 2 || 次のページへ≫
    昇順表示 | 降順表示
  • ホーム
  • スタッフブログ
  •