サフランブログ

鎌倉の路地を歩く

2018年8月30日|カテゴリー「サフランブログ
昨日の定休日は、逗子での用事を済ませてから、鎌倉をぶらりとしてきました。いつも車で通っている道で見る、気になる小さな店に行ってみようと歩いてきました。そして、気になるもの気になるものと路地に入っていくと、こんなところにもお店があるの!!何故、こんなにパン屋があるのかな??と言いながら、そして趣味?職業病?の素敵なお宅の外周り、庭観察も。立派な数寄屋門、でかいケヤキだね~と見て歩き、店長は10647歩歩いてました。



路地の木に囲まれた店

路地を入っていくと、雑貨屋さん、イタリアン、美容院などなど・・・木に囲まれた、感じの良い一角発見。



中庭の和庭

お昼ご飯に入ったお店から見える中庭はこてこての仕立て物の和風でした。
自然風の庭

反対側窓からは見える庭は自然風な庭。かなりでかい木です。





豆盆栽の本

昨日買ったもの。社長が古本屋さんで見つけた「豆盆栽」の本。可愛い文房具屋さん「コトリ」で買った書き間違いを楽しく消せるシールとコトリオリジナルマスキングテープ。



藤沢市K様邸

その後、藤沢のK様のお庭の様子を拝見に突撃訪問しました。K様、快くお庭を見せてくださいましてありがとうございます。


畑のある庭

剪定した残したクスノキ。畑もあるお庭はいいですね。



デッキを囲む雑木

新たに植えた雑木も元気でした。



デッキで楽しむ

デッキの色もかなり変わってきました。今年の夏は、お孫さんとプールしたり、沢山BBQしたそうです。

K様邸のビフォーアフターはこちらへ→



ウッドデッキにシェードで日陰をつくりモリニワの冷気を取り込む

2018年8月26日|カテゴリー「サフランブログ

本日、朝から涙目で「私、前から言ってるよね~~!!!」と叫んでいる店長です。

何に熱くなっているのかというと、紺屋の白袴とか医者の不養生とでも言うのでしょうか・・・。


ウッドデッキに日陰は必要


昨日の夕方、社長とサフランのウッドデッキに、8月も終わりかけて今頃感ありありですが、シェードをかけました。

以前より、モリニワは涼しいのに、サフラン店舗内は暑い!涼しいのを活かしきれていない!と悩みがありまして、色々原因はあるのですが、そのひとつに、モリニワの冷却機能により涼しい風が下から上がってきても、ウッドデッキの表面温度50~60℃の高温なため風は上昇し、店舗内まで冷気が入ってこない、入っても熱風である。その対策として、ウッドデッキ上に日陰をつくって、温度を下げたいと。モリニワの木が成長してデッキを覆ってくれれば一番良いのですが、木は頑張ってくれていますが今年はそこまで成長は見込めなさそう・・・。で、とりあえず、社長にシェードを掛けよう!!とずー---っと言ってた店長。業務優先でそこまで手が回らないのと、シェードが緑ほどの力は発揮しないと見くびっていたことで、延ばし延ばしになり昨日になった次第であります。

そして、今日サフランに来てびっくり!!社長、30℃は有に超えている中で、なんとエアコンを付けないで仕事してました。デッキから涼しい風が入ってくるんだよ~、店長の言う通りだった早くシェード付ければよかったねと言う社長。そして、掃き出し窓の網戸越しに、そよそよと風が・・・これが、私の涙目の訴えになった理由であります。ざっくり感性で生きてる店長の言ってることは聞いてもらえないことが度々あります。それでも、今回は本で読んだ内容を踏まえて訴えてたのですが。

いつも、異常に暑い店舗にお打ち合わせにご来店されるお客様に申し訳なくて、昨日もH様、T様両ご家族様、失礼いたしましたm(_ _)m

それでも、暑さ対策が完璧ではないので、暑いのが苦手な方は涼しい服装で、Tシャツ・短パン・水着大歓迎です。





雑草を刈ります。

2018年8月21日|カテゴリー「サフランブログ

昨日は、今のうち涼しいうちに草刈りをしようと張り切った店長です。

夏休み明け、サフランに来てみると、駐車場の草目地が雑草でもりもりになってました。やっぱり踏まないと伸び放題ですくすく伸びてきます。物置小屋のある駐車場は、草むら状態に・・・。今年の雑草はメヒバ・オヒバ、コメヒバが多いです。子供の頃、傘を作って遊んだ草で、傘の骨みたいな形の穂が出る草です。
前にも書きましたが、毎年主になる雑草の種類が変わります。雑草は、根っこから抜くよりも刈る方が生えてこなくなるそうです。抜くより刈る方が体力的にも楽です。

モリニワのホトトギス、シュウメイギクの秋の花のツボミが膨らんできてます。秋、来てますね。




お盆明け、ちょっと涼しくてホッとしてます。

2018年8月19日|カテゴリー「サフランブログ

夏期休暇明け、昨日8/18(土)より営業再開しております。

皆様、お休みは満喫されましたか??

我が家は、JR乗車券 小田原駅から東京都区内を持って、三重県松阪市から名古屋、石川県を途中下車しながら乗り継いで、お墓参り、実家に帰省、友達に会い、美味しいものを食べてぐるっと一周してきました。

帰りの石川の大雨には、在来線が運休になり大慌てしましたが、持つべきものは弟。駅まで車で送ってもらい新幹線に乗車。無事に自宅へと帰ることが出来ました。東京に着いた時は青空。なのに、店長のずぶ濡れになって乾かなくて気持ち悪いままのスニーカーと靴下。違う世界から戻ってきたような錯覚に・・・。

帰ってきて涼しい日が続き、日常に戻るには過ごしやすくホッとしてます。サフランの庭の点検をすると、コムラサキの実が色づいてたり、シュウメイギクがツボミを付けていたり、少しずつですが、秋が近づいてきてるのを実感しました。しかし、これで夏が終わるはずもないので、油断せず頑張ります。ここからノンストップで年末まですぐですよ!!

海育ちの店長、好きな魚はさつま揚げです。





明日よりサフラン店舗夏季休暇に入ります。

2018年8月12日|カテゴリー「サフランブログ

残暑お見舞い申し上げます、店長の井田です。

タイトルの通り、明日8/13よりサフラン店舗は夏季休暇をとらせていただきます。
我が家は毎年恒例のお墓参り帰省の旅に出ます。いつもならお伊勢さんをはじめ神社参拝もセットなのですが、今年は喪中につき遠慮させていただく予定になっております。なので、ちょっとのんびりスケジュールになっております。けど、この猛暑・・・道中の辛さに怖気づいています。
さて、お休みが終われば8月はあと2週間で終わる!と思うと、夏が苦手な店長は、早く切り抜けよう!!とちょっとやる気が湧いてきます。

では、皆様も楽しい夏休みをお過ごしください。






御射鹿池と白駒池散策

2018年8月4日|カテゴリー「サフランブログ

お隣さんから、畑で採れたナスを沢山頂きました。やっぱり採れたて野菜は美味しく畑をやりたいと思う野菜大好き店長であります。

奥蓼科湯治の旅は最後の投稿です。どうぞおつきあいよろしくお願い致します。最後は、ちょっと歩きましょうよ~と御射鹿池と白駒池に行ったお話です。



御射鹿池

御射鹿池(みしゃかいけ)です。日本画家 東山魁夷の作品「緑響く」のモチーフとして有名な池です。農業用とため池としてつくられた池で、強酸性の水質のため魚が生息できないそうです。




御射鹿池

青く澄んだ水面に林が映りこんでいる景色。



御射鹿池

店長のiPhoneでの写真では伝わらないもどかしさ・・・実物をご覧にどうぞお出掛けください。



白駒池

白駒池の周りをぐるりと一周散策してきました。標高2115mに位置する白駒池。2100mを超える高地にある天然の湖としては日本最大だそうです。



白駒池

その周りの原生林の中を散策します。映画「もののけ姫」のような原生林と言われてるそうです。



白駒池の苔

苔の森は、日照り続きなのでしょうか、乾き気味のコケたちでした。



白駒池

途中にあった山小屋「白駒荘」が建て替え工事中。気になったのが、木製の看板。仮設だろうけど装飾入りで凝ってますね。








白駒池

最後に、森の中に入るとひや~と涼しく、温度は16.4℃。



店長、蓼科はお世話になってる方の山荘があり、若かりし頃何度か遊びに行ってた思い出の場所です。今回久々に訪れて、懐かしくもあり、温泉三昧と美味しいご飯で、のんびり充電出来ました。



古民家もいいですね。

2018年8月3日|カテゴリー「サフランブログ

今日はサフラン、毎年恒例の真夏の健康診断へ行ってきました。真夏の前夜からの飲まず食わずで健康診断に備えるのは辛いです。

さて、奥蓼科湯治の旅の続きです。



陶仙房

蓼科より帰る途中に寄った「器とcafe 陶仙房 須栗平」一度行ってみたかった店長。次の予定があり、限られた時間の中ざぁ~~と見せていただきました。




陶仙房

どこを切り取っても絵になる佇まい。



陶仙房

かなり大きな古民家です。2階もありますよ。




陶仙房

陶芸をはじめ、沢山の作家さんの作品が並んでいます。店長、大好きな豆皿をいくつか購入しました。





2413eb6c9d51deb8ab93e41c4abc3fee

Cafeスペースです。ランチもいただけます。お店の方もすごく素敵な方で、次回はゆっくりランチしたいですね。



陶仙房

室内から見たお庭。天井が低く、薄暗い室内から見えるお庭は、暑い夏には心地良く、まったりするにはこの上ない景色です。



陶仙房

山野草などがある自然風なお庭です。
陶仙房

離れからみた母屋の建物です。



陶仙房

土間はひんやりして涼しいです。



陶仙房

看板もいい感じです。
場所はちょっとわかりにくいですが、わざわざ行く価値ありです。静かな場所をご提供されているたそうで、小学生以下の方や団体客様は遠慮されてるみたいです。ご興味のある方は、一度ホームページをご確認ください。