TOP
  • ホーム
  • スタッフブログ
  • <   2021-10   >
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    モリニワ工事旅行勉強会おしらせ色々店舗

    夜更かしが常の店長、最近は早く寝るように頑張って心がけています。エアコン無しでも普通に過ごせるいい季節になりました。モリニワデッキにも茶色くなったどんぐりが落ちてきてコロコロしてます。


    ClipboardImage

    この写真の植物は、インスタにも投稿しましたが、「ジュズサンゴ」と言います。名前の由来は、この赤い実が数珠のように連なってる姿からきているそうです。夏季剪定時に伺った際にK様邸のお母様にいただいた苗でして、店舗玄関脇に植えて根が付きました。お母さまもいただいた苗を地植えにされて、種が飛んであちこちから芽が出てきたそうです。赤い実と白い小さな花が同時にちらちらついてるのが可愛くて気に入ってます。





    西洋芝やダイカンドラのグランドカバーがうまく育たない・・・と声をお聞きするので、サフランの現状を紹介します。店舗移転し駐車場に石を敷いてから6年半ほど経ちます。





    駐車場兼庭の草目地

    今年はこんな感じです。6月14日現在の様子です。これを良しとするかは、それぞれの方のお好みなのですが・・・毎年秋に西洋芝の種の追い蒔きを。去年も実施、しかし今年の冬は雨が少なく、油断して乾燥しててもお水やりをしなかったため、かなり枯らしてしまいました。なので、春先にもう一度種蒔きをしました。




    雑草もまじまじ草目地。

    色んな草生えてます。気になる丈の長い草はちょんちょんとはさみで切っています。ボサボサ状態は梅雨が明けるくらいまでがピークで、真夏の暑い日が続くと、西洋芝は負けてきます。でも、秋に涼しくなってくると復活してくる感じです。店長観察によるとです。復活してくるのもいますが、ほぼ一年草(1年で枯れておしまいな草)扱いで、追い蒔きは必ずしています。





    ニワセキショウの花

    毎年生えてくる雑草は違う種類。今年は初めて見ましたニワセキショウの花が咲いています。可愛いのそのままにしてます。スミレやネジバナも好きで、見つけたら大事にしています。





    西洋芝のボサボサ管理

    ここは駐車場なので、車や人が通る部分は比較的に丈が上に伸びません。建物脇の芝は20〜30cmくらいの丈になっています。気になる時は、10cmくらいに切ります。高麗芝のように短くは刈らずに、ボサボサ管理をしています。管理というより、放置です。
    新築でお庭が出来たばかりのお庭では、スギナだらけになってる!!とお困りの方もいらっしゃいます。

    対策としては、「スギナは、抜かずに根元から切り、切った葉っぱは掃除しないで、その場に撒いとく。」

    日本の土地はほっとけば森になっていく土壌です。スギナは、森になっていく過程の最初の方の段階です。枯れたスギナを肥しに土壌づくりをしていくのが、自然で体力気力を使わない管理方法だと思います。このやり方だと、毎年その時に必要な養分の違う種類の雑草が生えてきて、土壌を作ってくれます。除草剤を撒いちゃうと、土壌が出来ずいつまでも最初の段階のままで、いつまでもスギナに悩まされることになります。また、切った雑草をみんなゴミ袋に入れて処分してしまうのは、養分になるものを捨ててしまうことに。山の土は、人の手が入らないところでもフカフカです。

    以外とお手入れがおろそかになってるお庭の方が、植物が元気だったりします。お手入れ具合は、微妙なさじ加減??のような気がしますが、それぞれのお庭の環境も違うので、失敗しながらいい頃合いを探るのが楽しいかと思います。そういう店長もいろいろ枯らしています( *´艸`)



    葉っぱ好きでも花が咲くとうれしい店長です。毎年同じことを言っているように思うのですが、どうかお付き合いください・・・

    毎日のモリニワパトロール、毛虫を見つけては、テープに引っ付けてやっつけています。そして、咲いてる花を見てにやり。と、うれしいこともあれば、悲しいことも・・・去年可愛い花をつけていたツリバナが枯れてしまったようです。それと、ぶどうも。原因はわからないのですが、環境が合わなかったのでしょう。植物のことは、学者さんでもわからないことだらけだそうです。と、あきらめるしかないです。




    ワイルドストロベリー

    咲いてる花をご紹介します。まず、植えた覚えのないワイルドストロベリー。



    山採り樹形のドウダンツツジ

    電柱の影から日を求めてひょっこりなドンダンツツジ。日陰の部分は、花付きが良くないですね。



    日陰大好きハイノキ

    林の中にいるハイノキ。びっくりするくらい日の当たらないところにいて、元気です。




    受粉したブルーベリー

    ブルーベリー。咲いた時はベル型の花は下を向いていますが、受粉されて、実になっていく過程はこんな感じに上を向いていきます。



    バイカウツギ

    バイカウツギ。地味目なモリニワにひときわ華やかです。



    アマドコロの花

    アマドコロ。今年は葉っぱが大きい!!



    シロヤマブキの花

    これも勝手に出てきたシロヤマブキ。



    下草の苗

    冬に購入した苗たちもにぎやかになってきました。手前の花はエリゲロンです。めちゃくちゃ増えます。




    シラユキゲシの花

    店長大好きなシラユキゲシ。葉っぱもカタチが可愛い。





    あっという間に葉っぱが出始めて、店長大好きな新緑の季節になりました。モリニワの新緑はこんな感じです。気持ち良さこの上ないので、写真でかいままドアップで紹介します。




    コナラお新緑2021

    コナラの新芽が、銀色にキラキラと花のように見えるのがきれいです。



    雑草も出てきた。

    草目地も、タンポポの花が咲いたり、オオバコ、カラスのエンドウ(子どもの頃笛にしてたあのピーピーまめです)など多種雑草もジャンジャン生えてきてます。



    木洩れ日が気持ち良いデッキ

    木陰・木洩れ日が気持ち良いです。社長は早朝まだ肌寒いので、焚き火して、コーヒーを飲みながら、本を読んで過ごしているそうです。きっとサフランOB客の皆様も、気持ち良くお庭で過ごされているのかな〜と、お庭を想像しながらにやにやしています。











    モリニワのキャンピングチェアに座る猫

    店長です。チャトラがモリニワデッキのキャンピングチェアに座っていました。「よっ!」って、声掛けられたような写真が撮れましたよ。今日は風が冷たかったのですが、ぽかぽか陽気で気持ち良さそうでした。



    下草類のフイリイトススキ
    サフランで下草類を植えたOB客様宅には、大体入れさせていただいてますグラス系の下草。写真はサフランにあるフイリイトススキです。駐車案内看板に追いやられて、葉っぱを思い切り出せずにいてちょっと可愛そうな状態ですが・・・。他、グラス系でよく使うのは、チカラシバ、ワイルドオーツ。糸状の葉っぱが涼し気で、一株でボリュームが出るのと、秋になると穂が出てくるの可愛く、お庭のアクセントにもなり、店長は好きです。ただ、注意することとして、種類によってはパンパスグラスなど、3mくらいの高さになるものもあり、巨大になり過ぎて手に負えなくなる可能性があるので、植栽スペースが狭めな所は、植える前に確認してほうがよいかと思います。




    フイリイトススキの冬の姿
    ちなみに、冬になるとこんな姿になります。これもおもしろいのでそのままにして楽しんでいます。ですが、春に近づくにつれ根元から新芽が出てきます。ほっとけば枯れ葉は勝手に抜けていきますが、そのうち新芽が伸びてくると、新葉と枯れ葉が混ざった状態になり、アフロヘア並みのボリュームに、そして今度枯れ葉だけ抜こうとすると、ちょっと大変になります。




    フイリイトススキの新芽

    ちょっと大変は、めんどくさがりな店長は嫌なので、この時期に枯れ葉を全部切って、一度丸坊主にしています。新芽は切らないように注意しましょう。それと、葉っぱを素手でしごくと、手が切れてしまうので手袋をするなど注意してくださいね。そういう店長、昨日手を切りまして、ぬか床に手を入れるとかなり染みます。



    フイリイトススキ剪定後

    切った後はこんな感じです。新芽は残しています。新芽は色が緑色や赤色でさわると固いのでわかると思います。めんどくさがりさんは、この時期の丸坊主作業をおすすめします。










    冬のモリニワの様子

    明けすぎてしまいましたが・・・おめでとうございます。店長です。今年もおつきあいのほどどうぞよろしくお願いいたします。
    年賀状をくださった皆様、今年はサフランと個人でも年賀状を出しそびれました・・・確信犯ではありますが。ありがとうございます。これを機に年賀状にてのご挨拶は遠慮することにしたいと思います。

    今年のお正月は何十年ぶり??に厚木で過ごしました。いつもは石川に帰省するのですが、大雪予報もあり取りやめ(ふるふる詐欺だったみたいですが・・・)この歳になって初めて黒豆も煮て、おせちモドキも作ってみました。初心者、うまくできないこともありおせち料理作りにハマりそうです。

    さて、只今のモリニワは、落葉樹の葉っぱが無くなり、日差しがいっぱい降り注ぎ気持ちの良い日が続いています。チャトラもひなたぼっこに来て、悪い顔して座ってますよ。冬の時期の明るいモリニワも好きです。

    休暇中、社長がモリニワ通信の記事を掲載してくれました。自宅の庭にモリニワがあることで得られる恩恵について、緑の心地良さは体にどんな影響があるのかをご紹介させていただいております。お時間のある時にどうぞご覧ください。


    こちらからもご覧いただけます。↓

    自宅の庭でワーケーション 〜(庭)ニワーケーションのすすめ



    森で過ごすと、免疫機能が改善 ・・・ モリニワで健康になろう





    お天気が良い日が続いています。師走の気忙しい時期にはありがたいですね。乾燥が続き、地面がバリバリになっているようでしたら、たまにお水やりしてあげてください。

    店長、昨日出社したら、社長がこんなでした。


    ひと休みするにはちょうどいいデッキ

    この日予約の入っていたお打ち合わせが延期になったので、時間が空きちょっと休憩していたようです。仕事の合間に、モリニワでコーヒーを飲みながら読書・・・肌寒くはあるのですが、木々の落葉が進み優しく射し込む冬の日差しは心地よく、木洩れ日の中、ひと休みするのは気持ち良いです。中々お休みが取れない中、頑張れてるのはすぐそばの緑、モリニワのおかげもあるかと思います。旧店舗時代より、仕事のやり方も変わってきているのもありますが、かなり心身ともに健康になっていると思います。(以前より、健康に気遣ってもいますけどね(笑)走ったり、糖質制限したり)

    良く見ると作業服!!でなければ、もうちょっと様になってたと思うんだけど、事務所で仕事中だから仕方ないですね。





    毎日、竹ぼうきで落ち葉掃除している店長です。いい運動になります。




    ClipboardImage

    店長の横の窓から見えるコハウチワカエデの紅葉が進んでいます。毎年のことなのですが、窓一面が緑色からオレンジに、そして赤色に変化していってます。



    ClipboardImage

    6日経って、ほぼ緑色がなくなりました。左下にちらりと見えている緑色はエゴノキ。コハウチワカエデの陰になって、まだ紅葉してないみたいですね。




    ClipboardImage

    また道具が増えています。早朝出勤の社長がモリニワデッキで、一人でこじんまりと焚き火をしたいらしく、小さい焚き火台を購入したみたいです。網も付いてて、一人BBQもできる。朝ごはんも作れますね。



    ClipboardImage

    モリニワデッキは、北東側になり、午前中は日が射しますが、午後から陰になっていきます。反対側の道路側は西日が射すので暖かく、置いてある下草の苗が花が咲く時期ではないのに咲いてます。あらっ・・・。






    ClipboardImage

    水曜定休日明けの木曜日、「今日からまた頑張ろう!!」と店長に活力をくれるのが、フジテレビ ノンストップの「ワリカツ」コーナーのずん・飯尾さんです。帰ってから録画したのを見ることを楽しみに一日過ごしています。

    話は変わって・・・モリニワの落葉が進んで、どんどんお向かいの景色が見えてきています。


    ClipboardImage

    いつもなら、葉っぱが一斉に色づいて、一斉に落ちていたように思うのですが、今年は、緑色の葉っぱが残っている中、枯れた葉っぱが次々落ちているように思います。気温が20℃近くあるあったかい日があるからでしょうか?



    ClipboardImage

    ちなみに、店長は落ち葉掃除をするのはデッキや道路だけで、土の部分はマルチングとしてそのままに放置しています。掃除して集めた落ち葉もゴミにはせず、モリニワの林の中に返したり、駐車場周りの木の根元に撒いたりしています。落ち葉はほっとくとそのうち分解されて腐葉土になっていきます。






    何故か落葉時期は、お祭り気分になる店長です。葉っぱ掃除の掃き終わった後の爽快感がたまらなく好きで、「さぁ〜、掃くぞう〜〜!!」とテンションが上がります。



    ClipboardImage

    さて、今日は3連休ど真ん中日です。お天気も良く、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

    本日、お打ち合わせにご来店いただきましたS様ご家族。ご自宅は周りを緑に囲まれた羨ましい環境にあります。サフランの手掛ける庭の雰囲気を気に入っていただき、外構・ガーデンリフォーム工事をご依頼、本日はファーストプランをご提示させていただきました。
    今日は、娘さんとワンちゃんもご一緒に来られていて、お帰りになられてから社長から聞いたのですが、娘さん、サフランの「モリニワができるまで・・・その途中経過」のYouTube動画をご覧になってくれたそうです。そのモリニワが出来上がってくまでの変貌ぶりにびっくりされたらしく、それまで、緑や植物に全くご興味がなかったそうなのですが、この動画がきっかけでご興味を持つようになり、植物園にもご一緒に出掛けたりするようになられたそうです。今日は実物のモリニワをご覧に。

    このお話を聞いて、ちょっと嬉しくなった店長です。若い方に緑にご興味を持っていただけたことが嬉しく、さらに、店長制作動画がきっかけになったことが驚きで、作った甲斐があったと嬉しく思いました。
    この動画は、ご覧になられた方はご存知かと思いますが、途中経過ということで、モリニワの2016年5月までの様子を編集した動画でして、その後の続き動画を作ろうと思いながら今に至っております。このお話をきっかけに、続き動画を作ろう!と思いました。Sご家族様、ありがとうございました。

    「モリニワができるまで・・・その途中経過」のYouTubeページはこちらへ→





    モリニワデッキを遊び場にしている猫チャトラが、店長に怯えて、至近距離2メートルを保ってたソーシャルディスタンス猫だったのですが、ご近所さんと立ち話をしている時に、店長の足にすりすりしてきて、一気に距離を縮めてきてびっくりしました。いつもエサをくれるお母さんたちに紛れていた店長を勘違いしたのでしょう。

    さて、9月にもなれば、涼しい日も増えてきました。モリニワにも秋の気配がしてきました。




    ClipboardImage

    コムラサキの実が色づいてきました。途中のグラデーションも好きですね。むむむっ、葉っぱが虫に食べられ放題です。



    ClipboardImage

    フイリヤブランの紫色の花も咲いています。常緑で日なた、日陰、半日陰と大抵の場所で大丈夫な万能選手。冬のヘタレ具合はちょっと残念なのですが、頼りにしております。


    ClipboardImage

    奥の白いプチプチした花はミズヒキ。そして、手前のカラフルなプチプチしたのは、ハゼラン。店長が手に入れても中々育たない苗をOB客K様よりいただきました。剪定に伺った際に沢山のハゼランの鉢植えを発見!分けていただきました。3時になると花が咲くので、三時草、3時のあなた。花が花火に似ているからでしょうか花火草。と、色々な名前で呼ばれているハゼラン。いろんな色のつぼみが可愛いです。K様、どんどん増えていくとおっしゃってましたが、ほしい方に分けてあげられるくらいどんどん増えてほしいです。


    ClipboardImage

    この茶色くなった木の写真、秋の気配とは何の関係もないのですが・・・夏季休暇中に、苗木マルバノキを枯らしてしまいました。



    ClipboardImage

    ですが、新芽が出てきました。来年までこの状態かな〜と思っていたのですが、出てきました。緑が残った部分で頑張ってましたね。

    木は、もし葉っぱが病気になってとしても残しておけば、光合成はちゃんとするので、みっともなくても葉っぱを落とさないでいる方が、元気になるみたいです。あと、木は、皮のすぐ内側部分に水や栄養分を吸うところがあるので、枝が折れて一部繋がっていれば、つながった部分で水や栄養を吸いあげます。なので、折れた部分をテープで巻いてあげると葉っぱは枯れずにいます。

    同じことばかり繰り返し書いている気がします。マルバノキより再生不可能なボケボケ店長でした。






    ≪前のページへ || 1 | 2 | 3 || 次のページへ≫
    昇順表示 | 降順表示
  • ホーム
  • スタッフブログ
  •